ここから本文です

40代(単身世帯)の年金、老後資金の考え方~予想「最低生活費」と「最低金融資産残高」~

1/24(金) 20:10配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「年代別老後資金の状況」。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和元年)」(各種分類別データ)をもとに「年代別の老後資金の状況・認識」を見ていきましょう。今回は40代(単身世帯)です。

40代(単身世帯)が思う「老後生活」

2019年は、金融庁の「老後2,000万円問題」が話題になり、老後資金について考える人が多かったのではないでしょうか。「まだまだ先のこと…」「老後より、目先のことが大事」と考えてしまいがちですが、人生100年時代。早めに老後資金を準備することは、どの年代にとっても重要なことになってきています。

40代(単身世帯:440世帯)は老後の生活について、どのように考えているのでしょうか。

それほど心配していない…11.4%
心配である…88.6%
・多少心配である…26.4%
・非常に心配である…62.3%
無回答…0.0%

8割以上の人が「心配している」ようです。

その理由とは何なのでしょうか。(複数回答)

1位…十分な金融資産がないから(79.7%)
2位…年金や保険が十分ではないから(50.3%)
3位…現在の生活にゆとりがなく、老後に備えて準備(金融資産など)していないから(32.1%)

となっています。

40代(単身世帯)が考える老後の「最低生活費」と「最低金融資産残高」

40代(単身世帯)が予想する「老後のひと月当たりの最低生活費」は、23万円です。

年金支給時に最低準備しておく金融資産残高は1,952万円となっています。それぞれの全体平均額は、28万円、1,909万円となっています。

また40代(単身世帯)が考える、老後における生活資金源は以下の通りです。(3つまでの複数回答)

1位…就業による収入(61.4%)
2位…公的年金(48.6%)
3位…企業年金、個人年金、保険金(23.6%)

となっています。

40代(単身世帯)は年金について、どう思ってる?

40代(単身世帯)の年金に対する考え方が以下の通りです。

年金でさほど不自由なく暮らせる…3.6%
ゆとりはないが、日常生活費程度はまかなえる…26.6%
日常生活費程度もまかなうのが難しい…69.8%
無回答…0.0%

「年金では、ゆとりがない」と考えている人が多いようです。

その理由が以下の通りです。(2つまでの複数回答)

1位…年金が支給される金額が切り下げられるとみているから(49.8%)
2位…年金が支給される年齢が引き上げられるとみているから(42.5%)
3位…物価上昇等により費用が増えていくとみているから(30.7%)

となっています。

1/2ページ

最終更新:1/31(金) 20:31
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事