ここから本文です

“女子が女子でなくなる瞬間” 岡田結実×恒松祐里×中村ゆりかが語る女子校への憧れ

1/24(金) 17:30配信

クランクイン!

 タレントで女優の岡田結実が主演を務める青春コメディドラマ『女子高生の無駄づかい』が、本日24日からスタートする。女子高を舞台にして、個性派ぞろいの女子高生たちが、ただただ無駄に日常を浪費する姿を描いた本作。岡田をはじめ、共演の恒松祐里と中村ゆりかによるボケとツッコミの応酬も見どころだが、撮影現場でも仲の良さを見せつけてくれた3人に、舞台裏のエピソードなどを聞いた。

【写真】ドラマ撮影現場の校舎にて 岡田結実、恒松祐里、中村ゆりかの制服姿がかわいい!


 本作は、さいのたま女子高等学校(通称・さいじょ)に入学したバカこと田中望(岡田)、ヲタこと菊池茜(恒松)と、ロボこと鷺宮しおり(中村)の3人を中心に、他愛もない学校生活を送る女子高生たちの日常を描いた物語。原作はビーノによるコメディ漫画で、2019年にはテレビアニメ化もされた人気作だ。

―原作などを読んだ感想と、それぞれどんな役どころですか?

岡田:普段、どの作品も「きっと何かメッセージが込められているはず」と思っているんですが、この作品に限っては「一体何が伝えたいんだ!」と素直に思いました(笑)。でも、意味がないコトこそが大切なんだと気付かされましたね。私が演じるバカは、本当に根っからのバカなんですが、自分に似ているところもあって、演じるほどに愛おしさがにじみ出てきました(笑)。

恒松:原作を読んだとき、「唐揚げが世界の通貨になったらいいのに」といったセリフに思わず笑ってしまって(笑)。この作品のような高校生活に憧れていたので、ドラマながらも世界に入り込めているのはうれしいです。ヲタは趣味の話になるとテンションが上がるものの、普段はほかの2人へひたすら冷静にツッコむ役柄です。コメディ作品への参加は初めてですが、現場では「笑わせることは頭を使うし疲れるんだ」と気付かされました。

中村:私は台本を読みながら、高校時代にあった他愛のない会話やできごとだったり、くだらない日常こそが心をほっこりさせてくれると噛み締めていました。ロボは2人より感情を抑えたキャラで、リアクションも薄いので浮いてしまうかもと不安でしたが、ほかの2人がテンション高めだからこそ、かえって面白みに繋がると気づいて、だんだんと安心できるようになりました。

―カメラが回っていなくても仲の良さそうな3人ですが、現場の雰囲気はいかがですか?

岡田:たまに役柄を演じているのか分からなくなるほど、楽しいです。正直、根は人見知りなので緊張するかと思っていたんですが、すぐ打ち解けられたのもめちゃめちゃうれしかったです。3人とも真面目で、仕事のスイッチに切り替わるとそれぞれが意見を出し合えるし、同世代として考え方が似ているのもあるのか、しっかりと1つの作品に向き合う空気感を味わっています。

恒松:原作の印象から楽しい現場なんだろうとは想像していたんです。高校を舞台にした作品といえば、「イジメ」や「教室内の派閥」といったテーマが取り上げられがちですが、この作品は「問題を扱っていないコトこそが問題」と思っていたほどで(笑)。実際に撮影が始まってからも楽しいのは変わらずですが、3人それぞれが流されず、主張し合えるのでやりやすいです。

中村:結実ちゃんは人見知りと言っていたのに、初対面から親しみやすくて全然それを感じさせなかったんです。祐里ちゃんは1つ年下なのにしっかりしていて、自然とまとめ役になってくれていました。シーンが進むにつれて互いの友情も芽生えてきた気がして。一方で、それぞれがしっかりと自分の芯を持っているから、かけ合いも自然にできているような気がします。


―それぞれ学生時代は共学だったそうで、女子校への憧れはありましたか?

岡田:女子校は男子の目を気にせず楽しんでいる印象があったから、憧れはありました。私は友だちとの集合写真で「変顔しよう」となったら全力でやるものの、中には、男子がいるので抑えちゃう子もいたんです。それはそれでかわいいけど、女子高ならばなりふりかまわずできるのかなと妄想していました。

恒松:女子高へ通っていた友だちが、心なしか生き生きとしていたようにも見えたのでうらやましかったです。恵方巻をみんな一斉に大きな口を開けて食べた話なんかを聞いて、ノリのよさに憧れていました。

中村:男子がいるとどうしても自分なりの「女の子らしさ」を気にしてしまうんですよね。振り返れば、面白みのない学校生活だったのかなと思って(笑)。女子高なら「乙女の殻」を破れるという憧れもあったので、女子が女子でなくなる瞬間も味わってみたかったのが本音です(笑)。

―もし現実に同じ高校へ通っていたら、どんな関係性になっていたでしょうか?

中村:想像したことなかったけど、結実ちゃんは教室内でひたすら騒いでる元気なグループにいそう(笑)。私はクラス内のカーストでいえば中の上くらいにいられれば…。

岡田:なかむー様(中村)は向こう側が見えてしまうほど透明感もあるし清楚だから、ただただ遠目に眺めているかも。一目置かれる存在というか、廊下を通り過ぎるたびに「ヤバい、ゆりか様が来る!」みたいな(笑)。

恒松:私は一匹狼タイプなので、2人とは絡まないかもしれない。でも、本音はみんなとしゃべるのが楽しいし、好きなんですけどね。優等生グループに入れれば。実はこう見えても、高校時代は学年トップで表彰されるほどだったので(笑)。

岡田:三者三様というか、そもそもが同じ教室には放り込まれなさそうだよね。まあ、それだけみんなの個性がバラバラだし豊かなので、作品を通してもぜひ、私たちの空気感を味わってもらえればと思います(笑)。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:松林満美)

 ドラマ『女子高生の無駄づかい』は、テレビ朝日系にて本日1月24日より毎週金曜23時15分放送。

最終更新:1/24(金) 17:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事