ここから本文です

今夜スタート『女子高生の無駄づかい』岡田結実、入学した女子校に“男子がいない”とがく然

1/24(金) 17:30配信

クランクイン!

 タレントで女優の岡田結実が主演を務め、共演に恒松祐里と中村ゆりかを迎えるドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が本日1月24日にスタートする。第1話では、女子高に入学し、“男子がいない”とがく然とする主人公の田中聖=バカ(岡田)と、友人の菊池茜=ヲタ(恒松)、鷺宮しおり=ロボ(中村)の出会いが描かれる。

【写真】岡田結実ら制服姿がかわいい! 金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話より


 ビーノによる同名学園コメディー漫画が原作の本作は、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う個性派ぞろいのJKたちの日常を、ゆるく、シュールに、そしてリアルに描く。岡田が、主人公の田中望=バカを演じ、その友人役で恒松、中村が出演。そのほか、担任役で町田啓太が、クラスメイト役で福地桃子、浅川梨奈、畑芽育、井本彩華などが共演する。

 街に溢れるキラキラな女子高生たち。その中で、ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。彼女たちの名は田中望=バカ(岡田)、菊池茜=ヲタ(恒松)、鷺宮しおり=ロボ(中村)。さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。

 入学早々、彼氏が欲しいと息巻くバカ。しかしクラスを見渡し衝撃的事実に気づく。「なんで女しかいねーんだ?」…と。受験したのが“女子高”だったことに今更気づき、悲嘆にくれるバカ。「これじゃ男子との出会い、絶望的じゃん。高校入ったらモテまくってイケメンの彼氏作るはずだったのに! こうなったら担任教師に期待するしかないじゃん!」と考えるが、バカのそんな願いもむなしく、現れた担任の佐渡正敬=ワセダ(町田)は、着任のあいさつでゴリゴリの“女子大生派”だ、と宣言する。

 華のJK生活に危機感を抱いたバカは、ほかのクラスメイトと距離を詰めようとするも、重度の中二病・山本美波=ヤマイ(福地)、優等生すぎて面白みゼロの一奏=マジメ(浅川)、無駄にオラつくお子ちゃま・百井咲久=ロリ(畑)、コミュ障オカルトマニア・久条翡翠=マジョ(井本)など、超個性的な面々にげっそり。

 かくして始まったJKたちの、ハナクソレベルの日常…。彼氏を渇望するバカに、明るい未来はあるのか?

 ドラマ『女子高生の無駄づかい』第1話は、テレビ朝日系にて本日1月24日23時15分放送

最終更新:1/24(金) 17:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ