ここから本文です

「役者冥利に尽きる」 “ブラック・ウィドウ”スカヨハの10年間を振り返る特別映像

1/24(金) 8:00配信

クランクイン!

 第92回アカデミー賞の主演女優賞と助演女優賞のダブルノミネートを果たした女優のスカーレット・ヨハンソンが主演する、マーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』より、彼女の初登場から本作までの姿を、インタビューと共に振り返る特別映像が解禁された。

【写真】初登場時の赤髪ロングヘアから『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで! スカヨハ扮するブラック・ウィドウの活躍を振り返る


 万能の戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントであり、過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者で、アベンジャーズのメンバーとしても活躍したブラック・ウィドウ。ヒーロー達がそろうアベンジャーズにおいて、自らの強さと美しさを武器に戦う彼女の雄姿は、アイアンマンやスパイダーマンとは一線を画す独自の人気を誇ってきた。

 アベンジャーズの一員として計7本の作品で活躍しながらも語られることがなかった、ブラック・ウィドウの過去と秘密が初めて描かれる本作。ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフを演じるスカーレットは、第92回アカデミー賞に、Netflix映画『マリッジ・ストーリー』で主演女優賞、映画『ジョジョ・ラビット』で助演女優賞と、史上12人目のダブルノミネートを果たしている。

 解禁された特別映像は、2010年公開の映画『アイアンマン2』で初登場したブラック・ウィドウの姿と、当時のスカーレットが「可能性は無限よ!」とインタビューで答える映像でスタート。

 そして現在のスカーレットが、約10年越しでブラック・ウィドウ単独映画がつくられることに、「10年以上演じ続けた役を突然掘り下げるの。こんな機会に恵まれることはめったにない。役者冥利に尽きるわ」と喜ぶ姿や、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが「長年ファンが製作を待ち望んだ作品がある。『ブラック・ウィドウ』だ」と語る姿、さらに本作のケイト・ショートランド監督が「彼女の本当の姿が描かれる」「見たことのない彼女に期待してほしいわ」といったコメントが、本作のダイナミックなシーンと共に登場する。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』で終わった彼女の物語を違った角度からスカーレットが演じ、過去が語られる事がなかったブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフの秘められた謎が語られる最新作。約10年前から変わらない美貌を保ち続けるスカヨハにも注目だ。

 映画『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日より日米同時公開。

最終更新:1/24(金) 8:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事