ここから本文です

前田敦子、ママ役は「自分に重ね合わせることができる」 夫の勝地涼の協力に感謝も

1/24(金) 13:21配信

クランクイン!

 女優の前田敦子が、23日、都内で開催されたよるドラ『伝説のお母さん』(NHK総合/2月1日より毎週土曜23時30分)完成試写会に、玉置玲央、大倉孝二、大地真央と共に出席。前田は自身の役どころについて「自分に重ね合わせることができる」と言い、夫で俳優の勝地涼が子育てにおいて「すごく協力的」だと笑顔で明かした。

【写真】エスニックなドレスで登場した前田敦子、全身ショット


 カネモトによる漫画を基にする本作は、かつて魔王を撃退する戦いに参加した伝説の魔法使い・メイ(前田)が、ワンオペ育児に奮闘する日々を送る中で、魔王が復活したという知らせを受けたことを機に、育児と世界平和の両立を目指す姿を描く。この日は村橋直樹(演出/NHK)、上田明子(プロデューサー/NHK)も出席した。

 前田は出産後の女優業は難しいと思っていたとしつつ「もし私がやってなかったら、すごく悔しかっただろうなって思うくらい、自分に重ね合わせることができる作品だなと思う」とニッコリ。続けて「笑いながら、そういう(子育てについての)問題を一緒に考えてもらえるっていうのは、すごくいいことだなと思いました」とも。一方、魔王役の大地は「魔王役をやらせていただきました、大地魔王です(笑)」とジョークを飛ばし、「結局、一番いいことを言っている。実は共感していただけるのではないか」と役柄に対する印象を語った。

 その後、前田は現場のスタッフたちと子どものことについて話していたと振り返り「みんな頑張っているんだなっていうのを、改めて実感できましたし、全く同じ月齢の子がお家にいるので、現場でもずっと8ヵ月~9ヵ月の子を抱っこして、家でも…っていう、不思議な体験を今はさせていただいていますね」と笑顔でコメント。

 また「主人が同じ職業というのもあって、すごく協力的に参加してくれていたので。3日間撮影がぎっしり詰まっていたら、向こうが『3日間、全部見るよ』と言って。私よりも今は得意なんじゃないかっていうくらい、やってくれていたので、改めて感謝ですね」と勝地の協力に頬を緩めていた。

 ドラマ『伝説のお母さん』はNHK総合にて、2月1日より毎週土曜23時30分放送。

最終更新:1/24(金) 13:21
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事