ここから本文です

ブラッド・ピット、『マトリックス』主演依頼を断った過去を告白

1/24(金) 12:41配信

クランクイン!

 クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、数々の賞レースを総なめにしている俳優のブラッド・ピット。サンタバーバラ国際映画祭でのトークで、過去に大ヒットSFアクション『マトリックス』の主演をオファーされて断ったことを語ったという。

【写真】キアヌ・リーヴス主演『マトリックス』フォトギャラリー


 キアヌ・リーヴス主演で大ヒットした、1999年~2003年の『マトリックス』オリジナル三部作。キアヌの代表作になったのは紛れもない事実だが、過去にニコラス・ケイジやヴァル・キルマー、ウィル・スミスなどがネオ役を断っていたことが知られている。ブラッドもその1人だった。

 同映画祭で映画評論家のレオナルド・マルティンの名前を冠したマルティン・モダン・マスター賞を授かったブラッド。Colliderによると、そのマルティンとのトークの中で、断った役を挙げるようリクエストされると、当初は拒否したが、「『マトリックス』を断った。赤い錠剤を飲んだんだ(「厳しい現実を見た」の意)。1つだけしか挙げないよ」と、ネオが青か赤の錠剤を選ぶ1作目の有名なシーンを引き合いに出して答えた。

 「2作目や3作目はオファーされていない。1作目だけだ。念のために言っておく」とブラッド。「自分の育ちが関係しているのかもしれないが、手に入らなかったらそれは僕のものじゃないという考えだ。(ネオ)役は決して自分のものではなかったと思う。自分のものではなかったから、誰かほかの人が演じて作品ができる。僕は心からそう信じているよ」と続けたという。

 ブラッドは「僕が断ったすばらしい作品について番組をするなら、二晩は必要だね」と、1回の番組では語り尽くせないほど、ヒット作への出演を見送ったことを示唆した。

 今となってはキアヌ以外のネオ役は考えにくいが、ブラッド演じるネオを見てみたい気がするファンは多そうだ。

最終更新:1/24(金) 12:41
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事