ここから本文です

富山グラウジーズを迎え撃つアルバルク東京、新加入のバッツをどう抑えるかが勝利へのカギ

1/24(金) 14:35配信

バスケットボールキング

■アルバルク東京vs富山グラウジーズ(@アリーナ立川立飛)
第1戦:1月25日15時5分 第2戦:26日15時5分

 今シーズン初の顔合わせとなるアルバルク東京vs富山グラウジーズ。前節、A東京は同じ東地区に属し、天皇杯を制したサンロッカーズ渋谷と壮絶な戦いを見せ、試合終了間近、石井講祐に3ポイントを決められ1点差まで追い詰められた。その後も、SR渋谷のハードなディフェンスで肝を冷やす場面があったが、最後は何とか逃げ切った形だ。

 ただこの試合を全体的に見れば、ケビン・ジョーンズが21得点13リバウンド、アレックス・カークが16得点14リバウンドとともにダブルダブルのパフォーマンスを発揮。安藤誓哉が11得点、田中大貴が10得点と、チームの主力が安定したスタッツを残し、年明けに行われた千葉ジェッツ戦の連敗、天皇杯準々決勝の川崎ブレイブサンダース戦の逆転負けという嫌な流れを払拭したと言えるだろう。

 さらに1月15日のレバンガ北海道戦でA東京デビューを果たした津山尚大がSR渋谷戦でも安藤のつなぎ役を果たすようになってきた。試合後のテレビインタビューでルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチからも期待を寄せるコメントが聞かれており、チーム内の信頼も勝ち得たと言える。開幕前の移籍やケガ人が出て、なかなか戦力が整かなかった昨シーズンのチャンピオンチームが新戦力の加入により、いよいよ本来の力を発揮し始めたようだ。

 対する富山は1月に入り2勝2敗と五分の星だが同じ中地区1位の川崎に勝利するなど、爆発力のあるオフェンスは健在。前節は特に昨シーズンはシーホース三河でプレーしていた新加入のアイザック・バッツが名刺代わりの活躍を見せ、17得点11リバウンドを記録した。レオ・ライオンズが19得点、船生誠也が14得点、水戸健史が11得点とバランスよく得点を挙げて、74-61で新潟アルビレックスBBに勝利した。

 A東京は大型センターを擁するチームをやや苦手としているだけに、富山のバッツの調子は気になるところだろう。富山としてはバッツ、ライオンズを起点に攻撃を仕掛けたい。逆にA東京に抑えられると厳しい戦いになるのは必至。ゴール付近の攻防が勝敗を分けそうだ。

■ロースター
・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基※インジュアリーリスト
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
正中岳城
ザック・バランスキー
須田侑太郎
ミラン・マチュワン
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
笹倉怜寿※特別指定
田中大貴
津山尚大
アレックス・カーク
小酒部泰暉※特別指定

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ
山口祐希
松山駿
船生誠也
阿部友和
山田大治
水戸健史
菅澤紀行
宇都直輝
前田悟
葛原大智
ジョシュ・ペッパーズ
ジョシュア・スミス※インジュアリーリスト
飴谷由毅※特別指定
松脇圭志※特別指定
アイザック・バッツ

BASKETBALL KING

最終更新:1/24(金) 14:35
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ