ここから本文です

アダイウトン、FC東京の新たなチャレンジ4-3-3システムに「個人的には非常に良い」

1/24(金) 7:15配信

超WORLDサッカー!

ジュビロ磐田からFC東京に加入したMFアダイウトンが、やりやすさを感じているようだ。

昨シーズン、[4-4-2]を確立し、明治安田生命J1リーグでクラブ史上最高記録となる2位をマークしたFC東京。しかし、今シーズンが始まると、長谷川健太監督は新たな試みとして [4-3-3]にチャレンジしている。

このシステムについて新加入のアダイウトンは、「個人的には非常に良いシステムだと思っています。前に人数が多いこともありますのでチャンスが作れる機会も多いと思いますし、前線の選手が近くて、攻めだけじゃなく守りも前から行けるようになると思います」とFC東京の更なる進化に自信を覗かせた。さらに、運動量や守備面も求められる環境について「今のサッカーは前線もディフェンスをしているので、もちろん前線でチームに貢献できるように(守備を)する必要があると思っています」と語っており、攻撃時だけでなく守備時での活躍も約束している。

また、チームメイトと良好な関係を築いているという。「いろいろな選手が私たち(外国人選手)にコミュニケーションを取ってくれています。もちろん、まだチームのことでわからないことがたくさんありますので、既存の選手がいろいろなことを教えてくれて非常に助かっています」と話し、チームへの順応にそう時間は掛かりそうにないようだ。

最後に、FC東京について加入前と加入後の印象を問われたアダイウトンは、「来る前は非常に力のある選手がいるチームでみんな一生懸命頑張ると思っていました。来てみたらやっぱり思っていた通りでした。自分もチームに貢献できるように精一杯力合わせてやっていきたいと思っています」とチームの一員として全力を尽くすことを誓った。

昨シーズンは日本代表FW永井謙佑とブラジル人FWディエゴ・オリヴェイラの強力2トップを主軸に戦ってきたFC東京。新システムの[4-3-3]に取り組む中でアダイウトンは新風を吹き込むことができるだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/24(金) 7:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ