ここから本文です

「並外れて良かった」…クロップ、リーグ戦デビューの南野拓実を称賛

1/24(金) 9:53配信

SOCCER KING

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、23日に行われたプレミアリーグ第24節ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦を振り返った。同日、クラブ公式サイトが伝えている。

 アウェイのリヴァプールは、8分にジョーダン・ヘンダーソンのヘディング弾で先制に成功。51分に追いつかれたが、84分にロベルト・フィルミーノが勝ち越し弾を沈めて2-1で勝利し、リーグ戦の連勝を「14」に伸ばした。

 そして同試合の33分、リヴァプールはサディオ・マネのハムストリング負傷を受けて、南野拓実を投入。南野はリーグ戦デビューを果たし、公式戦通算2試合目の出場となった。

 クロップ監督は、南野のプレミアリーグデビュー戦を振り返って次のようにコメント。本来の特長とは異なるタスクを担ってチームの勝利に貢献したと、同選手の働きを称えた。

「(南野は)スーパーだった。サディオの負傷という状況になったことで、私たちはいつもとは少し違う戦い方にした。守備時は4-4-2で、攻撃時はいつも通り(4-3-3)のシステムだ。もしディヴ(ディヴォック・オリジ)を投入していたら、試合の早い時間帯から攻撃的になってしまうからね。彼もすごい調子が整っていたから、投入されて当然ではあったんだ」

「タキ(南野の愛称)は私たちと練習を始めてから2~3週間が経過し、最近の練習では異なるポジションでプレーしていた。FAカップの試合(※デビュー戦となった3回戦エヴァートン戦)では中央の位置でプレーしていたが、今は右と左のウィングでプレーしている。彼にはそれができて、私たちは彼を必要としている。でも、彼はウィンガーではないと解釈しているよ。彼はライン間でプレーする選手だ。だから、オックスレイド(・チェンバレン)が少し高めの位置を取って、フォーメーションを伸縮することができた」

「タキには本当に難しかったと思う。彼は(投入後)すぐに、ふくらはぎに違和感を覚えて、ハーフタイムで治療を受ける必要があった。何もないことを願っているし、彼なら大丈夫だ。良くなるさ。最初のプレミアリーグの試合は並外れて良かった。チームにも完璧に溶け込んでいるし、それって本当に良いことだよね」

SOCCER KING

最終更新:1/24(金) 10:01
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事