ここから本文です

「ふるさとWish春マルシェ」開催!限定コラボメニュー、ミツケタ~! ~ふるさとWish~

1/24(金) 17:15配信

九州朝日放送

福岡全60市町村の魅力を紹介する、KBC九州朝日放送の情熱プロジェクト「ふるさとWish」。スタートして1年、その集大成ともいうべきイベントを開催します!

その名も「ふるさとWish春マルシェ」!3月14日(土)、15日(日)JR博多シティ駅前広場に福岡のおいしいものが大集合です!



夕方の情報番組「シリタカ!」も出店が決定。「オリジナル商品にしたいですね!」と話すふるさとWishリポーターのカイラ君。これまで中継で出会ってきた方々と、オリジナルの商品開発をすることになりました。

うきは市のお酢で映えスイーツを

まず訪れたのは、うきは市の「醸造発酵場SÜ(スー)」。地元産の果物を発酵させて、さまざまな酢を作っています。

スタッフの大山紀子さんが提案してくれたのは、この時期一番人気の商品「あまおういちご酢」を使ったスイーツ。「ゼリー入りのソーダに、もうちょっとイチゴをトッピング…なんてどうでしょう?」と、想像しただけでおいしそうなアイデアが!カイラ君も「いや、聞いただけでおしゃれ!」と、ウキウキです。

味噌×洋菓子=奇跡の出会い!

続いては、飯塚市の「みそらぼ」。70年続く味噌蔵出身の安藤さん親子が、味噌を使ったジェラートやジャムを開発しています。こちらの味噌を使って春らしい“スイーツ”はできないか・・・。結構ムチャな相談を快く引き受けてくださった安藤さんは、みそジャムの「林檎とシナモン」「ゆず」の2種と、近日発売予定だという「白生みそ」を提案してくれました。この3つを携えて、一行は久山町の「パティスリー ル・プランタン」へ。同店のパティシエール・鮎川千穂さんは、地元のおいしい食材で、さまざまなお菓子を作っています。

「みそらぼさんとコラボしてもらいたいんです!」というカイラ君の申し出に、とまどいの表情を浮かべる鮎川さん。今まで味噌をスイーツに使ったことはない、と苦笑い。でも、みそらぼの商品を試食すると「おいしい!」と職人の顔になりました。その場でバタークリームと合わせてみると「いいかも・・・」とつぶやきます。試しにブッセ生地に挟んで食べてみると、、、「いける!」とみんなうなづいてくれました。

酢と味噌。日本ならではの調味料を使った春のスイーツ。
果たしてどんな味にが仕上がるのか、乞うご期待です!

九州朝日放送

最終更新:1/27(月) 14:00
九州朝日放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ