ここから本文です

プロの道を歩み始めた大卒ルーキーたち…FC東京MF安部&DF中村&MF紺野

1/24(金) 1:29配信

ゲキサカ

 即戦力として期待が懸かる。悲願のJ1リーグ制覇を狙うFC東京の大卒ルーキー3選手。ともに明治大から加入したMF安部柊斗とDF中村帆高、そして法政大から加入したMF紺野和也はプロサッカー選手として充実した日々を過ごしているようだ。

 すでにキャンプをこなしており、大学サッカーとの違いを肌で感じている。安部が「プロサッカー選手はスピードや強度が大学とは全然違う」と語れば、中村も「プレースピードが速く、質が高い」と口にする。しかし、紺野が「少しずつ慣れたきた」と話したように環境にも馴染んできた。

 ユースまでFC東京の下部組織で育った安部は「ずっと戻りたい場所だった」というチームに“復帰”。「初めてのプロ生活をスタートさせる不安もある」と少しだけ本音を覗かせつつ、「先輩の背中を見ながら成長したいし、チャンスがいつ来てもいいように準備したい」と視線を上へと向けた。「運動量やボール奪取。奪い切るところは誰にも負けない」。

 安部とともに明治大で4年間を過ごした中村は、偉大なる先輩に挑戦する。「1対1の守備や対人プレー。スピードを生かした攻撃参加が持ち味」という武器を生かして右サイドで激しい上下動を続けるが、右SBには明治大の先輩である日本代表DF室屋成が構えている。「ここに入るまでは憧れの存在」だったが、「いつまでも憧れとは言ってられない」。これからはライバルだ。「大きな壁」となるのは間違いない。しかし、「自分にしかできないことがあると思う」と自分らしさを発揮して定位置争いに挑む。

 圧巻のドリブルスキルを武器に守備網を切り裂き、“法政のメッシ”とも呼ばれた紺野は、同期の2人からも刺激を受けているようだ。「2人ともすごくサッカーに対してストイックだし、真面目。そこは同期だけど尊敬している」。自身の特長は、もちろん「ずっと練習してきて自信を持っている」というドリブル。「そこをどんどん出して得点やアシスト、チャンスメイクの部分を出していきたい」と意気込むだけでなく、「自分自身の中で課題の部分」という守備面でも成長してチームの貴重な戦力となっていく。

 昨季は大卒ルーキーのDF渡辺剛がレギュラーを確保。年代別代表に選出されるだけでなく、19年12月のE-1選手権に臨むA代表に初選出されるなど、飛躍の1年を過ごした。「大卒は即戦力」と自覚する安部が「渡辺選手がスタメンをつかみ、自分たちに『道』を作ってくれた」と力を込めたように、ルーキーイヤーから出場機会をつかみにいく。

最終更新:1/24(金) 3:11
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ