ここから本文です

「“2021年の目標”を言い訳に使いたくない」ルノー、2020年シーズンの躍進”も”目指す

1/25(土) 10:43配信

motorsport.com 日本版

 2019年、ルノーはドライバーに優勝経験を持つダニエル・リカルドを迎え、トップチームに迫ろうという意気を見せた。しかし結果は芳しく無く、コンストラクターズランキングでは5位と、カスタマーチームであるマクラーレンにも遅れをとる結果になってしまった。

【ギャラリー】美しきF1マシン:現ルノーの”前身”ベネトンのB191B「シューマッハー初表彰台。若き日の相棒」……全17枚

 ルノーは以前から、予算上限が加わりマシンレギュレーションが大きく変わる2021年は、トップチームに迫る大きなチャンスだと語ってきた。しかし、2020年シーズンは昨年とレギュレーションが変わらない狭間の年となるため、一部の潤沢な投資を行なえるチーム以外は、難しい開発作業の舵取りを迫られるだろう。

 ルノーは、リカルドを迎えた2019年シーズンのような大きな目標を2020年に再び掲げることはないだろう。しかし、依然として達成すべきパフォーマンス面での目標がある。

 motorsport.comはルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールにインタビューを行ない、2020年シーズンはこれまでと異なる考え方があるのかどうかを尋ねた。

「率直に言って“ノー”だ。コミュニケーションや期待といった面では、恐らく多少は違うだろうがね」

 アビテブールはそう語った。

「だが、それはよくあるオフシーズンだと思う。もっとも2021年と2020年のバランスを取る必要がある、という点では多少チャレンジングな冬ではあると思う」

「誰もがその問題に面している。だが、2021年に向けて我々と同じほどの期待を抱いているチームはいないと思う。なぜなら我々の戦略全てが、そこに基づいているからだ。(2021年からの)レギュレーションは、我々に大きな恩恵をもたらす。それも理由だ」

「だが2021年に向けた目標を、新シーズンの言い訳には使いたくない。そして2020年に惨めなシーズンを過ごすつもりもない。2020年は昨年行なった全ての変更を活用すべきなんだ」


「それらは2021年だけでなく、2020年にもすぐにポジティブな影響を与えるはずだ。それが私の見たいものだ」

 なお、2020年のプレシーズンテストは2月19日に開始される。ルノーはその1週間前である2月12日に体制発表を行なう予定だ。

Jonathan Noble

最終更新:1/25(土) 10:43
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ