ここから本文です

空港駅調査費、見送りへ 静岡県、成果出ず判断 20年度予算案

1/25(土) 8:33配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡空港の新幹線新駅設置構想を巡り、静岡県が毎年度予算計上していた調査費について、2020年度当初予算案に計上を見送る方針を固めたことが24日、関係者への取材で分かった。県は新駅の必要性を認めながらも、長年、具体的な成果が出ていない実情を踏まえて判断したという。

 県は14~19年度に6年連続で調査費を計上し、18年度までの5年間では計約4千万円を執行した。19年度当初予算にも500万円を盛り、新駅設置で期待される利用者の利便性向上などの検討を進めている。新駅の効果や価値に関するデータをそろえることで構想の具体化につなげる狙いで、新駅ができた場合の新幹線の運行パターンを独自に検証していた。

 県の担当者は取材に、県が独自にできる調査は現時点でおおむね終わったとの認識を示し「新駅設置を諦めるのではなく、お金をかけないで地元との意見交換などを進めていく」と述べた。

 一方でJR東海は新駅について「造らない」と否定的な姿勢を貫いていて、県はこの問題で一度もJR側と協議できていない。県は16年度当初予算にJR側との協議が進展した場合に備えて予備費10億円を計上したが、成果はなく、2月補正で全額を減額修正した経緯もある。

 県議会最大会派自民改革会議の県議からもこれまで「だらだらと調査費を付けるべきではない」と見直しを求める声があった。県議の1人は「予算計上の見送りは、リニア中央新幹線の問題で県が新駅を取引材料と考えていると受け取られるのを嫌ったのでは」との見方を示した。

静岡新聞社

最終更新:1/25(土) 9:49
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事