ここから本文です

円谷幸吉賞8人選出 福島県駅伝後援会

1/25(土) 9:23配信

福島民報

 県駅伝後援会(古川道郎会長)は24日、2019年度の円谷幸吉賞の受賞者を発表した。

 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会の5区で区間賞を獲得した学法石川高の松山和希(3年)ら8人を選んだ。

 県代表として全国の主要大会で力走した個人をたたえる賞で、1992(平成4)年に創設した。東京五輪男子マラソン銅メダリストの円谷幸吉が生前に書いた「忍耐」の文字が刻まれたメダルを受賞者に贈る。

 受賞者は次の通り。

 田子明花莉(石川中2年)三科文(西郷一中3年)小野真緒(勿来一中3年)白井恒成(高田中3年)石井楓馬(田村高3年)大須賀ミウ、加藤駆、松山和希(学法石川高3年)

最終更新:1/25(土) 9:23
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事