ここから本文です

イラン報復攻撃で米軍人34人が脳損傷、半数が軍務復帰=国防総省

1/25(土) 7:30配信

ロイター

[ワシントン 24日 ロイター] - 米国防総省は24日、イランが今月行ったイラクの米軍基地を標的とする報復攻撃で、軍人34人が外傷性脳損傷(TBI)と診断されたと明らかにした。このうち17人はすでに軍務に復帰しているという。

トランプ政権は当初、攻撃による負傷者はいないと説明していた。

ホフマン報道官は、ドイツに移送された患者のうち8人が米国に帰還しており、軍病院で治療を受けると述べた。また残りの9人は引き続きドイツにとどまり、診断や治療を受けていると説明した。症状としては頭痛、めまい、吐き気などが見られるという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:1/25(土) 7:36
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事