ここから本文です

<伊藤沙莉>「映像研には手を出すな!」が高評価 声優でも実力発揮!

1/26(日) 7:40配信

MANTANWEB

 女子高生がアニメ制作に打ち込む姿を描いた大童澄瞳(おおわら・すみと)さんのマンガが原作のテレビアニメ「映像研には手を出すな!」(NHK総合)。本作で「アニメは設定が命」と持論を展開するアニメ好きの女子高生・浅草みどりの声優を務めるのが女優・伊藤沙莉さんだ。近年、出演作が途切れることがなく、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの伊藤さんだが、アニメ声優としても実力を発揮し、高い評価を得ている。

【写真特集】子供時代の浅草氏が可愛すぎる! 金森、水崎と映像研が躍動 アニメの注目シーン一挙公開

 ◇ハスキーボイスが大きな特徴 浅草氏との共通点は…

伊藤さんは、過去にイルミネーション・エンターテインメントが手掛けた劇場版アニメ「ペット2」(2019年公開)でシーズー犬のデイジーの声を担当。そのときの会見で「ずっとアニメの仕事をしたいと思っていたけれど、声がかからないと思っていた」と喜びを口にしていたが、2年連続で“声の仕事”を射止めた。

 伊藤さんといえば、子役として活動を開始し、これまで数々の作品に出演してきた経験豊富な女優だが、自身も以前のインタビューで「まず声で覚えてくれる人が多かった」と語っていたように、ファニーフェースからは想像できないハスキーボイスが大きな特徴として挙げられるだろう。

 本人も「いまはすごくありがたい特徴」と述べていたが、その特徴的な声を考えると、女子高生の声にはどうなんだろう……という考えが一瞬頭の中をよぎった。しかし、伊藤さんの声は見事なまでに、浅草みどり(以下・浅草氏)いう女の子にマッチしている。それは浅草氏と伊藤さんに共通点があるからなのかもしれない。

 浅草氏は、好きなアニメに関することに対しては一心不乱に話す熱量がありつつも、基本的には人とのコミュニケーションが苦手な女の子。人と話すときは、常に本来の自分を隠して、違うキャラクターを演じているような部分が感じられる。

 伊藤さん自身、以前のインタビューで、バラエティー番組などでも軽快なトークを披露し、優秀なユーティリティープレーヤーぶりを発揮していることを称賛すると、「めちゃくちゃメンタルが弱くていつも吐きそうなんです」と発言し、「期待されることに応えようと演じてしまうところがある」と話していたが、対人関係において、本来の自分を隠して演じてしまうところがある浅草氏というキャラクターに共感できる部分が多いのでは……と感じた。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 7:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ