ここから本文です

Twitterが葬った6秒動画アプリ「Vine」、「Byte」として復活

1/25(土) 19:56配信

ITmedia NEWS

 6秒動画アプリの「Vine」が「Byte」として復活した。1月24日(米国時間)、iOSおよびAndroidアプリがそれぞれのアプリストアで公開された。

クリエイタープログラム

 Byteをリリースしたのは、「Vine」の共同創業者、ドム・ホフマン氏。Vineは米Twitterが2012年10月に買収し、自社アプリとして公開したが、トップクリエイターがSnapchatやYouTubeに流出したことなどもあり、2016年10月に終了した。

 ホフマン氏は2018年11月に新たな動画投稿サービスとしてByteを立ち上げると予告し、Byte Incを創業して開発を進めてきた。

 ByteでできることはVineとほぼ同じ。アプリのカメラで撮影するか、カメラロール内の動画をアップロードすると、6秒のループ動画として公開される。Vineの後に登場した人気の動画アプリ「TikTok」にあるような口パク機能などは今のところ備わっていない。

 だが、間もなくクリエイターに対価を支払うパートナープログラムを立ち上げる計画だ。「Byteは創造性とコミュニティを大切にし、クリエイターをサポートすることは重要だ」としている。

 広告が掲載されるのかなど、収益化の方法についてはまだ発表されていない。

ITmedia NEWS

最終更新:1/25(土) 19:56
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事