ここから本文です

広末涼子 10代後半は「芸能界を汚れた世界と見ていた」 異常フィーバーに戸惑い

1/25(土) 10:10配信

デイリースポーツ

 女優・広末涼子(39)が25日、TBS系トーク番組「サワコの朝」に出演し、人気絶頂だった10代後半に芸能界が嫌になり、辞めたいと思う程、追い込まれた過去を明かした。

 14歳でデビューし、CM出演を機に大ブレーク。テレビドラマや映画に引っ張りだこの人気だった。しかし本人は「高校から大学へ上がる頃、名前だけが1人歩きしちゃったイメージがあって、自分が取り残された感じとプレッシャーがあって悩んだ」と振り返った。

 その人気はすさまじく「帰り道とか男子高校生に囲まれることがあった」とし「女子校だったので男子は敵!みたいな感じでした。男子高校生は未知の生き物。追いかけられたりとか、悲しいことはいっぱいありました」と、異常なフィーバーに戸惑った心境を吐露した。

 MCの阿川佐和子に「仕事を辞めたくなった時もあった?」と聞かれると、広末は「このまま芸能界を続けても限界だって思って。自分が(テレビや映画を)見るのが好きで芸能界に入ったのに、見る時間もなくなり、アウトプットばかりでインプットすることができず、自分が成長しているのか分からなくなった」と説明。

 さらに「日本の芸能界の矛盾みたいなものを感じて。言い方は悪いですが、芸能界自体を汚れた世界と見てしまった」と、芸能界が嫌になり、足を洗いたいと思ったという。

最終更新:1/25(土) 10:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ