ここから本文です

つみきみほ、女優業を一度退いた理由は「呪縛を解くため」 復帰は“ママ友”がきっかけに

1/25(土) 7:03配信

テレ朝POST

25歳のときに結婚、2人の子どもにも恵まれて10年ほど女優業を休業し、家事や子育てに専念していたつみきさん。子どもが20歳になったのを機に東京で一人暮らしを始め、女優業を本格的に再開。昨年離婚し、現在は女優業だけでなく、ボランティア活動などに参加したりして、福祉の勉強にも取り組んでいる。

◆女優復帰のきっかけはママ友?

-女優業から退いていた間、仕事に対する思いは?-

「私にとって『つみきみほ』という名前でお仕事をさせていただけることがすごく大切で誇りだったので、結婚生活とか子育てをしながら女優を続けることで中途半端になってしまうことがすごく嫌でした。

その当時の事務所のスタッフは、『そんなに突き詰めて考えなくていいですよ。もっと楽に考えて。何かあったら声をかけるから、そのときに考えて、やれるならば、やってくれればいいですよ』と言われたのですが、自分ではそんな風に思えなくて。

強迫観念的に『つみきみほのためにもっと頑張らなくちゃいけない』と考えていたので、その呪縛(じゅばく)を解くには、『女優を辞める』という選択肢しか自分では思いつきませんでした」

-その時点では子育てを卒業したら女優業に復帰するということは?-

「全く考えていませんでした。それくらいがんじがらめになっていました」

-それが、またお仕事をしようと思うようになったきっかけは?-

「読み聞かせとか、朗読するのは大好きだったので、子どもの小学校で、ボランティアでやっていました。

それを見たクラシック音楽に造詣(ぞうけい)の深いお母さんたちが、『子ども向けに音楽会をやっていて、朗読コーナーもあるので、やってみます?』と声をかけて下さいました。

その音楽会で朗読をしたことが大きなきっかけになりました。

『つみきみほ』をやれなくても、朗読したり表現することは好きだし、自分の好きなことや経験を生かせるようなやり方で活動できたらいいなと思い始めました。

その後、昔からずっと応援して下さっていたプロデューサーに声のお仕事をさせていただいて、再スタートしました。

『つみきみほ』ではなく、本名でやらせていただいていましたが、それにも限界を感じて、前の事務所の社長に紹介していただいて今の事務所に入りました」

-ここのところ、すごく良いペースでお仕事をされていますね-

「はい、感謝しています。本当に楽しく仕事をさせていただいています。デビューしてからたくさんの方々によくしていただいてきたので、残りの人生かけてお返ししたいなあと思って、頑張っています」

-つみきさんは独特の存在感がありましたし、ブランクがあっても、また一緒に仕事をしたいと思っている方も多いのでは?-

「ありがとうございます。そうだとうれしいです。先日やらせていただいたお仕事で、昔一緒だったというスタッフさんがいらっしゃいました。

本当に懐かしく、昔を知っていらっしゃるということで、すごく心強かったですし、楽しくお仕事をさせていただきました。

昭和って、ものすごいエネルギーもあったじゃないですか。その時代を知っている者として、その頃のエネルギーを今に伝えるようなお芝居ができたらとか、このエネルギーを何かプラスに還元したいみたいな思いはすごくあります。そうやってお世話になった方とまた何か一緒にできたら良いなと思っています」

2014年には「乃木坂46」の『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』(10枚目のシングル)のMVに出演。映画『櫻の園』(1990年)にオマージュを捧げたMVにつみきさんは教師役で出演した。

「映画では生徒役を演じていた私が教師役ですからね。月日の流れを感じました」

1/3ページ

最終更新:1/25(土) 7:03
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ