ここから本文です

世界民主主義ランキング 韓国はアジアトップの23位で日本超え 北朝鮮は15年連続最下位 英誌発表

1/25(土) 5:02配信

アジアプレス・ネットワーク

英国の経済専門週刊誌エコノミストが、毎年恒例の「世界民主主義指数」(Global democracy in retreat )の2019年度版を1月21日に発表した。

【写真特集】 独裁者・金正恩氏の母・高ヨンヒ氏は大阪生まれの在日二世 これが非公開の秘密映像だ(8枚)

この調査は、エコノミスト誌傘下の競争力分析機関「エコノミスト・インテリジェンスユニット」が実施したもので、選挙過程と多元主義、市民的自由、政府機能、政治参加、政治文化の5部門で、世界167カ国を10点満点で評価した。

最下位は北朝鮮。2006年にこの調査が始まって以降、15年連続で民主主義度最悪の記録を更新した。スコアは1.08で、市民的自由は0点だった。金正恩政権発足後の2012年以降、スコアはまったく改善されていない。政権が自国民虐殺を続けるシリアはスコア1.43で164位だった。

ちなみに、ドイツのベルリンに本部を置く国際透明性機構が1月24日に発表した「2019年国家別腐敗認識指数」で、北朝鮮は調査対象180カ国中172位だった。

◆韓国はアジアトップの23位
韓国が8点でアジアトップの23位、日本は7.99点で24位だった。中国は2.26点で153位。昨年の130位から後退した。米国は7.96点で、韓国、日本より下の25位だった。

世界で最も民主主義指数が高いのはノルウェー、2位はアイスランド、次いでスウェーデンが3位だった。

この「2019年度世界民主主義指数」は、エコノミスト誌のウェブサイトからダウンロードできる。
※2019年1月25日に情報を追加しました。

最終更新:1/25(土) 13:30
アジアプレス・ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ