ここから本文です

安倍乙が“エピソードトーク泥棒”で四千頭身・後藤に直接謝罪、“現場写真”も話題に

1/25(土) 10:15配信

ENCOUNT

「劇団4ドル50セント」の安倍乙が、お笑いトリオ「四千頭身」のラジオ番組に“謝罪行脚”

 秋元康氏プロデュース「劇団4ドル50セント」の安倍乙が、お笑いトリオ「四千頭身」の後藤拓実のエピソードトークを、ラジオ番組で自身のエピソードトークとして話したことについて、四千頭身のラジオレギュラー番組「四千ミルク」内で謝罪した。

【写真】安倍乙が手を合わせて懺悔、なぜか四千頭身・後藤も申し訳なさそうに…“謝罪現場”をとらえた実際のショット

 後藤は1月11日放送のフジテレビ「人志松本のすべらない話」の中で、“昔、おばあちゃんに「レンジャーキー(戦隊シリーズグッズ)」をおねだりした際、「綿ジャージ」が送られてきた”というエピソードトークを披露し、最後に「深夜ラジオでアイドルがまったく同じ話をしていた」とパクリ疑惑を言及。出演者の中で物議を醸した。

 この“エピソードトーク泥棒”が安倍で、炎上。22日放送のFM-FUJI「四千ミルク」で後藤に内緒で謝罪に来たといういきさつだ。

 番組に急遽登場した安倍に後藤が動揺する中、安倍は謝罪をした。終始謝罪を挟むものの、相方のいじりや安倍に対する“寺田心で!”“ギャル風で!”などの無茶ぶりモノマネ謝罪で、「本当に謝りにきたのか!」と盛り上がる一幕も。

 しかし、後藤と安倍はヒップホップの話題で最終的に意気投合し、無事に雪解けとなった。最後に西野カナの「ごめんね」を安倍が曲紹介するなど、しっかりとオチもついた。

 番組OA中には安倍が謝罪する様子が後藤のツイッターで公開され、「もうこれで誰も何も言いませんね笑」「最高すぎる」「世界一面白い展開」など盛り上がりをみせた。

ENCOUNT編集部

最終更新:1/25(土) 10:15
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事