ここから本文です

武漢に1週間で新病院を建設へ。新型コロナウイルス患者の治療で

1/25(土) 11:16配信

ハフポスト日本版

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、武漢市の当局は、市内に感染者の治療する病院を急ピッチで建設を始めた。工期は1週間ほどと見られる。

【画像集】武漢の新病院の建設現場

1月24日に撮影された写真には、数十台のショベルカーやブルドーザーなどの重機が建設現場を造成している様子が写っている。

国営の中国中央テレビによると、この病院の敷地面積は25000平方メートル。1000床のベッドを用意して、新型コロナウイルスによる肺炎患者への治療を提供する予定。2月3日までに稼働するという。2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)の感染が拡大した際に、6日間で北京郊外に新病院を建設した例をモデルにしたという。

武漢市の広報用SNSによると工事は、2班体制で24時間体制で実施。25日には建物の工事が始まり、2月1日に完成する予定だ。その後、医療機器の設置と試運転が実施されるとしている。

1月25日現在、新型コロナウイルスによる肺炎の患者数は中国国内で1287人となり、うち41人が死亡。感染の拡大が心配されている。

ハフポスト日本版・安藤健二

最終更新:1/25(土) 15:08
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ