ここから本文です

本田圭佑が挑戦する「レッスンしない指導」とは? 育成改革目指す「NowDo」の野望

1/25(土) 10:10配信

REAL SPORTS

本田圭佑の新事業に、錦織圭、長友佑都、石川遼らトップアスリートが出資したことでも話題の「NowDo」。プロを目指す選手をオンライン指導で育成し、メンターである本田圭佑からも直接指導が受けられるというサービスだ。

本田圭佑と共にこれまで数多くのサッカースクール事業を立ち上げ、本サービスでも中心的な役割を担う鈴木良介氏が、「本田圭佑のオンライン成長革命」NowDoの現在地とその可能性について語った。

(インタビュー・構成=木之下潤、写真提供=NowDo/※取材は2019年12月18日に実施)

プロの哲学とメンタリティを直接受けられる

――2019年12月にNowDoが新サービスを発表しました。魅力は本田圭佑さんから直接アドバイスを受けられることだと思います。

鈴木:このサービスは本田の哲学やメンタリティを直接受けられるのが大きな価値です。募集開始直後から多くの人に興味を持っていただいていて、現在1歳半のお子さんからプロサッカー選手まで本当に幅広いたくさんの方から応募が届いています。意外に海外在住の子どもからの応募も多いです。

――そうなんですね。

鈴木:僕たちも海外7カ国でサッカースクールなどを開きましたが、現地の日本人コミュニティは小さいんです。いいコーチがなかなかいなくて、いい指導が受けられなかったりするので、そのあたりが理由なのではないかと思っています。サッカーを上手に教えてくれるいいコーチが都合よくいるわけではありませんから。日本だと、地方からの応募が多いですね。いいコーチに巡り会えない現実があるからからかな、と。 

 このサービスはスマホを使ったコミュニケーションを基本としているので、小学校1年生くらいから受け付けています。低学年のうちはお母さんと一緒にサービスを受けるような形になります。当然、僕らがメインターゲットにしているのは、育成年代なので親御さんの経済的な援助と、携帯使用の許可が必須です。

――仕組みは本田さんがメンターになり、最低でも週1はテキストを含めて直接コンタクトがあるとのこと。そこに、鈴木さんらティーチングアシスタント(以下、TA)が付く形です。狙いは「選手の意識を変える」こと。こういう理解で合っていますか?

鈴木:その通りです。今はその工程を検証中です。サービス利用者に対し、本田がテキストで渡すものと音声で伝えるものとを分けています。ただ、子どもの心には圧倒的に音声が響くし、うれしいらしいのです。

――テキストだと「本田さんなの?」と疑いたくなりますよね。

鈴木:でも、面白いもので、テキストでも絶対に本田だとわかります(笑)。現状は親御さんの満足度も高いようです。今は利用者10人から始めているので、これから100人になったときに本田がコミットする時間を取ることが現実的に難しくなってきます。僕らの課題は、それをITなどのテクノロジーを使ってどう解決していくか。現在のところは、本田も「どこまでできるかをやってみたい」と言っていて、指導を受けている子どもたちはめちゃくちゃ意識が変わってきています。

――現実問題、本田さん自身がメンターとして経験を積まないと、子どもにどんな問題があるのかはわかりません。

鈴木:まさに。トライ&エラーで「本田が指導する→問題が起きる→どうやってITで解決するかをエンジニアと話す→プロダクトに落とし込む」の繰り返しです。

――エンジニアチームが「選手にどんな問題意識があるのか」、そこから「どんなワードが出てくるのか」という流れを感覚的に理解し、例えばAIに落とし込むなどすればさまざまな傾向が見えてきます。

鈴木:現状は、まだAIをうまく活用しているわけではありません。今できる開発技術の中で「僕らがイメージする世界を創っている」最中です。AIに何かを学習させて、本田の代わりをさせるわけではありません。もちろん今後はそういう方向も考えていきますが、もう少し前段階にあります。海外を含めたエンジニアチームを組んでいるので、「こっちのプロダクトを利用してもいいのでは?」といったアイデアはたくさん出ています。

――なるほど。NowDoのホームページには体組成計などサッカー外からのアプローチが見られます。

鈴木:健康系某企業との契約が決まっていますし、プレー以外からもリーチしていくつもりです。僕らは利用者の個人データが蓄積されていくものを「サッカーノート(サッカーの場合)」と呼んでいて、それを見ながらオンライン上でフィードバックしていく仕組み作りを進めています。だから、サービス自体はテクノロジーの側面と、トップアスリートが持つ哲学やメンタリティというメンタル的な側面があり、それらを有効活用して選手の意識改革を図っています。データとして数値的に説得力を持たせつつ、いい意味での根性論的な要素もあって、僕は非常に面白いサービスだと感じています。

――最近は体罰的な根性論の問題ばかりが取り沙汰されていますが、このサービスについて本田さんがインタビューに答えている動画を見ると「本気」をボーダーラインに引いている気がします。

鈴木:根性論という言葉は誤解を招きそうで使いたくないのですが、本田と子どもとのやりとりを見ていると非常に優しいですよ。僕らには見せない一面なので、面白いです。僕も現場指導を長年してきましたが、このサービスが実際に良いか悪いかはまだわかりません。でも、これまではサッカーコーチと違う人間がプレーをサポートすることがなかったわけです。親御さんや友達とは違う存在が、よりサッカーコーチに近い存在が、子どもに必要なのかもわかりません。

 先日の公開インタビューの質問でもありましたが、サッカーコーチと違うことを教えないといけない状況になったとき、どうするのか? この質問は絶対にあるだろうなと思いました。僕らはクラブチームの指導に触れるつもりはありません。もちろん練習中のプレー動画が送られてきて、触れざるを得ない場合もあるかもしれません。でも、否定ではなく、意見として触れるのが本田ならOKだったり、僕だったらアウトだったり、答える人にもよるのかな、と。

――最低限のマナーとしては否定的に触れないわけですね。でも、少し本音を言えば、本田さんのような立ち位置のアスリートは経験を含めて商品価値が高いので、もし触れたとしても誰も気にならないのかなって思います。TAならダメだったり、人によりけりで受け取る側の心理によって違いますよね。

鈴木:TAの立ち位置がまだ少し明確ではありません。今はサービスとしても挑戦段階でもあるので、サッカーを全く知らない人が入ったりもしています。だから、プレーに対しては何も言えません。でも、そばでメンタル的に支えてくれる人という役割で、意外と子どもにとってはプレッシャーがかからずにいい影響が出ていたりもしています。

 例えば、僕と本田の組み合わせだと両方から詰められるような状況も生まれかねないので、そこは気をつけて仕組みを作っていかないといけないな、と。ソルティーロ(本田圭佑選手プロデュースによるサッカースクール)のコーチのように実際の現場で教えているコーチにオンライン上で指導が受けられることも今後あり得るなと思いますが、それも良いか悪いかはわかりません。どれもやってみて一番いいものを作っていきたいです。

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 10:52
REAL SPORTS

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事