ここから本文です

JR西・新長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」公開 かつての通勤列車を改造

1/25(土) 15:00配信

THE PAGE

JR西・新長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」公開 担当部長「ゆったりと車内ですごして」

 かつての通勤列車が生まれ変わった━━。JR西日本は25日、京都・大阪と出雲市(島根県)を結ぶ新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」(ウエストエクスプレス銀河)の報道公開を同社の吹田総合車両所(大阪府吹田市)で行った。車両はかつての通勤列車を改造したもので、関係者は「かつて通勤列車で使って頂いた方にも、違った魅力を楽しんで頂けます」と話している。

【写真特集】「WEST EXPRESS 銀河」公開 JR西日本

運行開始日は5月8日の予定

 同社によると、WEST EXPRESS 銀河は同社が掲げる「JR西日本グループ中期経営計画 2022」の取り組みの一環として準備してきた。運行開始日は5月8日の予定となっている。

かつて通勤電車として使われていた国鉄117系電車がベース

 WEST EXPRESS 銀河は、かつて新快速通勤列車として使われていた国鉄117系電車6両編成の改造車両だという。

 1号車はボックスシートタイプのグリーン車、2号車、5号車は寝転がってくつろげるフルフラットシートの普通車「ノビノビ座席」で2号車は女性専用車となっている。

6号車の個室は部屋の形が台形、車窓をゆったり楽しめる

 3号車は一部がフリースペースでコンパートメントタイプの普通車、4号車はフリースペース、6号車はグリーン個室と一部フリースペースとなっている。

 6号車の個室は部屋自体の形が台形となっており、窓も大きくワイドに広がっていることから、車窓をゆったりと楽しむことができそうだ。

フリースペースは利用客同士が語り合ってもらう場

 広報担当者は、この列車のコンセプトに『多様性』というものを掲げており、6両それぞれ違った座席を設けていると話す。

 1両全体をフリースペースとしている4号車は、利用客に自由に車内を動いてもらい、座席でゆっくりくつろぐ以外に、時には4号車で、利用客同士が語り合ってもらうとうれしいという。

 また「場合によってはそこでイベントをして頂いたり、楽しんで頂けるのではないかなと思っております」と話していた。

銀河は新たな長距離列車、ゆったりと車内で時間をすごして

 同社鉄道本部営業本部の財剛啓担当部長は「銀河は新たな長距離列車ということでご紹介しました。個室も設けておりますが、できるだけ開放感のある空間を作り、あえて閉鎖的な空間にならないよう工夫しました」と話す。

 過去にも同じような鉄道はあったかもしれない。しかし、財部長は「今は新幹線を中心として早く目的地に行くのを目指していますが、銀河ではゆったりと車内で時間をすごして頂きたい」と続ける。

 また、近年増えている外国人観光客にも、日本の鉄道にこうした長距離列車があることを利用して知ってほしいというねらいもあるという。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 9:48
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事