ここから本文です

いつだって完璧。キャサリン妃に学ぶ、“デキる女”の3つのドレスコード

1/25(土) 19:42配信

ELLE ONLINE

世界中の女性が憧れる英国王室のヒロイン、キャサリン妃のファッション。その人気の秘密は、どんなシーンにおいても気持ちいいくらいしっくりくる“その場にふさわしい装い”=ドレスコード。そこで、世界で最も見る人に心地よさを与えるキャサリン妃のファッションコーデを例に、女性が押さえておくべきドレスコードを徹底解説。

【写真】英国王室キャサリン妃の着用ファッション、一挙総覧

ドレスコードって、そもそもどういう意味?

ドレスコード(dress code)とは、服装における規定のこと。オケージョンや時間帯、そこに集まる人のジャンルによって決められる、その場にふさわしい服装規定のことを、ドレスコードと呼ぶ。

一般的に、格式が高い順に1.フォーマル 2.セミフォーマル 3.インフォーマル 4.スマートエレガンス 5.カジュアルエレガンス 6.ビジネスアタイア 7.スマートカジュアルの7つのコードに分類される。

ドレスコードと言って、日本でまず思い浮かべるのが「冠婚葬祭」。パーティや観劇、クルーズといったフォーマルシーンが多い欧米諸外国に比べ、日本では葬儀や結婚式、入学式などの式典、お受験……などドレスコードが必要なシーンが冠婚葬祭に限られがちなうえ、細かく厳しいのが特徴だ。もちろん、国際儀礼(プロトコール)においては、ホワイト・タイ(燕尾服やロングイブニング)、ブラックタイ(タキシードやセミイブニング)より厳格なドレスコードもあるけれど、まずここでは上記一般的な3つのドレスコードについて解説。

1.フォーマル(正装)

格式の高い場所での冠婚葬祭など

一般的に最も格式の高いドレスコード。日中なら、7分袖以上のワンピース形で着丈が長めのアフタヌーンドレス、夜帯なら靴が隠れるフルレングスで肌の露出が高いイブニングドレス。アフタヌーンドレスはとにかく肌の露出を少なく、生地も光沢や透け感のない無地のものを選ぶのがマナー。皇室の女性が着用する襟もとが詰まった立ち襟の“ローブ・モンタント”が象徴的。

逆に、デコルテを大胆に開けたイブニングドレスを“ローブ・デコルテ”と呼ぶ。男性のモーニングコートやフロックコートと対をなす。日本では正式な和装(黒留袖、色留袖、振袖、喪服)もこれにあたる。

1/2ページ

最終更新:1/27(月) 16:58
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事