ここから本文です

生誕100年を迎えた川上哲治氏 母校・熊本工業のOBには荒木雅博、前田智徳がいる

1/25(土) 18:00配信

高校野球ドットコム

 1月も下旬になりプロ野球は今シーズンの日程が出揃った。球団によっては、各種イベントも続々と発表されている。

【写真】選抜出場校 全32校の早見表

 そんななか、巨人は4月8日にリブワーク藤崎台球場(熊本県)にて行われる中日戦で、「川上哲治生誕100年記念」と題したイベントを開催する。この試合では選手や監督コーチ全員が、川上哲治氏の現役時代の背番号である「16」を着用するという。巨人が公式戦で同一背番号で戦うイベントを開催するのは初めてのこと。

 そんな川上氏の母校である熊本工業は昨夏の甲子園にも出場しており、昭和、平成、令和と3つの元号での出場を果たしている歴史ある学校だ。ちなみに川上氏も甲子園に出場しており2度の準優勝を経験している。その後も同校は甲子園での優勝経験こそないものの、全国的に名門校としてよく知られている。

 また、これまでに多くのプロ野球選手を輩出してきた。ドラフト制以前では川上氏とバッテリーを組んだ吉原正喜氏や巨人で寮長を務め「鬼寮長」とも呼ばれた武宮敏明氏もそう。ふたりは川上氏とともに甲子園に出場した戦友でもある。その他には大阪(現・阪神)で活躍し、現役を引退後は阪神で一軍の監督も努めた後藤次男氏も同校のOBだ。

 ドラフト制以降でも山森雅文氏、伊東勤氏、前田智徳氏、緒方耕一氏、荒木雅博氏と多くの名選手を生み出してきた。しかし、2020年シーズンにおけるNPB現役選手は山口 翔(広島)ひとりしかおらず、話題になることも少なくなった。

 近年は、同じ熊本県の高校でも村上 宗隆(ヤクルト)の母校である九州学院高校、国吉 佑樹(DeNA)、九鬼 隆平(ソフトバンク)を輩出している秀岳館高校のほうが話題に取り上げられることが多くなっている。

 今年は開幕早々の4月に川上氏のイベントが開催されることで、例年以上に注目はされるだろう。その注目を持続させるためには現役選手、すなわち山口の活躍が欠かせない。熊本県が誇る名門校がNPBの世界で再び脚光を浴びるためにも、唯一の現役選手である山口の奮闘に期待したい。

<熊本工業主なOB>

※()は最終所属
川上哲治(巨人)
吉原正喜(巨人)
武宮敏明(巨人)
後藤次男(大阪)
山森雅文(オリックス)
伊東勤(西武)
井上真二(巨人)
緒方耕一(巨人)
荒木雅博(中日)
前田智徳(広島)
塩崎真(オリックス)
藤村 大介(巨人)
岩見 優輝(広島)
山口 翔(広島)※現役

勝田 聡

最終更新:1/25(土) 18:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事