ここから本文です

巨人阿部2軍監督の新たな野望は伊江島の知名度アップ!!「殺到するように」携わった新球場を聖地に

1/25(土) 21:26配信

中日スポーツ

 巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が25日、現役時代に自主トレを行っていた沖縄・伊江島を訪れ、自身の冠がついた「第1回阿部慎之助杯争奪 国頭地区中学校軟式野球大会」の開会式に出席した。

【写真】持久力テストを終え笑顔のロッテ・佐々木朗希

 15の中学から約250人が参加した開会式で阿部2軍監督は「現役は終わってしまいましたが、今後、野球界のためにこの伊江島を知っていただいて、こういう素晴らしい施設があるということもPRして、全国から伊江島に野球チームが殺到するように、なんとかいろんなところに話をしていきたいなと思っています。今度ともどうぞよろしくお願いします」とあいさつした。

 会場となった伊江村野球場は自身がアドバイスを送り作られた両翼100メートル、人工芝のスタジアム。すでに社会人チームが合宿に訪れているという。村によると新たな宿泊施設を建設するプランもあるだけに、伊江村の観光親善大使を務める阿部2軍監督のプッシュで野球合宿の聖地になるかもしれない。

最終更新:1/25(土) 21:26
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ