ここから本文です

「夫を見るとため息」「妻は常にすっぴん」冷めた夫婦…新婚当初に戻れる?!

1/25(土) 20:40配信

LIMO

世界で一番大好きなはずだった夫。それなのに最近では「お正月休みは9日間もいるの…」なんてため息がでる存在に。夫は夫で「朝出るときもすっぴん、帰宅してもすっぴん。かわいかった頃の妻に会いたい」なんて昔を懐かしんだりするものです。この先、パートナーとの関係は距離が広がる一方なのでしょうか。

結婚当初は思いやりの気持ちに溢れていた

冷めてしまった相手への気持ち。一体どのような変化があったのでしょうか。

・「昔は夫がどんなに遅くても帰りを待ち、今日あったことを話すのが楽しみでした。今は子供のこともあるので先に寝てしまうこともしばしば。そうしているうちに『報告したい』という気持ちが薄れてしてしまって…。あの頃は、美味しいものを食べるたび『夫に教えてあげたい、一緒に食べたいな』なんて思っていましたが、今はそんな気持ちも一切なくなってしまい、面白いことがあったらまずインスタで報告。私が変わってしまったのかもしれません」

・「記念日大好きだった夫。私がびっくりするようなものまで覚えていて、そのたびに相手を思いやる気持ちを思い出していました。しかし、夫も仕事が忙しくなり、私も育児でゆっくりと二人の時間が取れなくなってきました。『お金ももったいないし、プレゼントとかはもういいよ』と私から提案したのですが、同時に相手に感謝するタイミングも失ってしまった気がします。ものがなくても敬う心だけ残せたらよかったな、と少々後悔しています」

結婚当初はお互いの時間もたくさんあり、それを形にしやすい環境も整っていた。そんなことも影響しているようです。

気持ちがズレてくると態度も悪化

それでは、相手への思いやりがなくなるのは忙しさからくるものだけなのでしょうか。

・「昔は口調も優しかった妻。しかし、最近では僕に対してのみ責め口調でたびたび指示をしてきます。おそらく、家の手伝いや子供の世話などが彼女の基準に達していないことが原因だと思います。『ねえどうして? まだやってない理由は?』などといわれても『気がつかなかった』としか言えません…。」

・「私が何をしようと興味がない夫。美容院に行こうとおしゃれしようと何も言ってくれません。唯一気が付くのが、クレジットカードを使用しすぎたとき。『何にこんなに使ったんだ』と言われましたが、あなたの目の前にある洋服だということにも気が付かない。新婚の頃ならスカート一枚買っても気づいてくれたのに」

言葉が足りなかったり相手に関心がなくなってくると、それに伴い気持ちのずれが生じます。そう考えると、相手へのきつい態度は「気づいて欲しい」ことへのSOSなのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 0:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事