ここから本文です

【新型モデルの登場はいつ?】英国版2020年新車カレンダー 今年も豊作に期待 4月~6月

1/25(土) 6:50配信

AUTOCAR JAPAN

4月

■アストン マーティンDBX
アストンにとってこの10年でもっとも重要な新型モデルとなるブランド初のSUV、DBXには非常に大きな期待が掛かっている。

【写真】英国版2020年新車カレンダー (9枚)

2018年の上場以来、アストンは苦境に喘いでおり、同社CEOのアンディ・パーマーは、DBXこそが投資家やアナリストの認識を変え、アストン マーティンをいわゆる「セカンド・センチュリープラン」の次の段階へと進めてくれるモデルだと信じている。

2021年までの年間販売台数1万台を目標としているDBXには、アストンのベストセラーモデルになるという使命が課せられているのだ。

AMGから供給を受けた550psを発揮する4.0L V8ターボエンジンを積んだこの5シーターSUVの価格は、オプション装着前で15万8000(2265万円)というものであり、プラグインハイブリッドを含む他のパワートレインの登場も予想されている。
■メルセデスAMG GLB 35
メルセデス・ベンツのコンパクトな7シーターSUVに、メルセデスが誇るパフォーマンスディビジョン、AMGが手を入れたモデルだ。

2.0LターボエンジンはGLA 35同様、306psのパワーと40.8kg-mのトルクを発揮しており、現行GLBのトップモデルをパワーで81ps、トルクで5.1kg-m上回る。

引き続き5シーターと7シーターが選択可能なGLB 35の0-100km/h加速は5.2秒とされており、最高速は249km/hに制限される。

メルセデス・ベンツGLA

メルセデス製コンパクトクロスオーバーの2代目は、ふたたびAクラスをベースにしているものの、最低地上高がさらに引き上げられるとともに、よりタフなスタイリングが与えられている。

さらにメルセデスでは、新たなテクノロジーの導入とキャビンの快適性向上に力を入れており、新自立式デジタルインストゥルメントやインフォテインメントディスプレーなどが採用されることになる。

発売時には163psを発揮する1.3L 3気筒エンジンを積む前輪駆動のGLA 200と、306psを誇る2.0Lターボユニットを積んで、AMGらしい数々のスタイリング上の特徴を備えたホットなメルセデスAMG GLA35がラインナップされることになる。

2020年後半にはさらにラインナップが拡充される予定だ。

1/4ページ

最終更新:1/25(土) 6:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ