ここから本文です

【高校野球】仙台育英の新しい指導の形、メンバー選考にアプリ駆使 指揮官「価値を選手と…」

1/25(土) 7:25配信

Full-Count

アプリで「ルールも発表」、選手に説明「何にこだわるのか、そもそも何枠あるのか」

 第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕)の出場校が24日に決定し、仙台育英(宮城)が3年ぶり13度目の出場を決めた。昨秋の東北大会で3年ぶり10度目の優勝を果たし、順当に選出。2018年1月1日に就任した36歳の須江航監督はデータを共有するアプリなどを駆使し、チームを作ってきた。

【表】仙台育英は東北勢初Vを目指すも優勝経験のある学校が多く選出されている… 第92回選抜高校野球出場全32校一覧

 選抜では東北勢初の甲子園制覇に期待がかかる仙台育英。部員72人から18人のメンバーを選考する作業が始まっており、まだまだ寒い宮城県で25日からは紅白戦も実施していくという。

 現状では、すでに“内定者”も出ている。須江監督は「11月の神宮大会が終わってから今日まで、野手は打撃練習9割、守備1割くらいでやってきました。ここから実戦の中での動きと、ディフェンスについてちゃんとやらないといけないかなと。昨年の秋に活躍して実績が十分、かつ練習での質の違いもしっかり見せている、“野球力測定”みたいなのもやっているので、それでも上位にきているようなトップ10くらいの選手は今ほぼ(メンバー入りが)内定している感じです。選手にも伝えました。スターターになるであろう選手たちは選出していて、ここから7~9枠を(残りの)63人くらいで争っていくわけです」と説明。実際にデータも選手たちに開示している。

「データで送って、紙ベースでも渡しています」というが、役立っているのがアプリ。須江監督は「『スラック』というビジネスアプリみたいなやつをうちは使っているので。みんなが共有できるやつでそこに載せて、見てもらって、ルールも発表しています。何にこだわるのか、そもそも何枠あるのか。代打候補は何人で、内野手で1枠、外野で1枠とか、代走があるのかとか……。さらに、18人登録の中でピッチャーは何人が入るのか。野手兼任が入れば5人、入らなければ6人とか。あとは、第3キャッチャーはいるのかどうかとか。そもそも第3キャッチャーはなぜいるのか、いらないのかとか……」と説明する。

1/2ページ

最終更新:1/25(土) 7:25
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事