ここから本文です

欅坂46脱退の平手友梨奈、年内ソロデビューへ…充電後に再始動

1/25(土) 6:00配信

スポーツ報知

 23日に欅坂46を電撃脱退した平手友梨奈(18)が今後、ソロ歌手として活動していくことが24日、分かった。

【写真】紅白のリハで一時動けなかった平手友梨奈

 平手は脱退発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜・後10時)に出演。自らの口で報告後、リスナーに「私とはまた来月、この教室で明るくお会いしましょう」と呼びかけた。グループは脱退したが、所属事務所との契約は現在も続いており、2月も同番組に出演予定だ。

 脱退の一因となったのが、絶対的エースとしての重圧と負担。関係者によると、今後、平手は一定期間の休養をおいた後、ソロ歌手として音楽活動を行っていくという。昨年9月の欅坂初の東京ドーム公演では、トリで自身のソロ曲「角を曲がる」を熱唱。見事なパフォーマンスを見せた。レコード会社関係者も「初めて立った5万人の前で演じ切った肝っ玉とセルフプロデュース力は半端ではない」と太鼓判を押す。

 2018年には映画「響―HIBIKI―」で映画初出演にして初主演を務めた。だが「本人も演技の面白さに目覚めたが、歌と同様にこだわりが強く、よほど入れ込んだ作品でないと出演しないのでは」と同関係者。あくまで歌手活動が中心になりそうだ。

 所属レコード会社では「まだ何もお話できることはない」としているが、一部では「年内ソロデビューを目指している」との声もある。充電が完了次第、ソロ歌手・平手友梨奈誕生に向けて突っ走る。

報知新聞社

最終更新:1/25(土) 15:06
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ