ここから本文です

777Xが初飛行 2度の延期経て離陸

1/26(日) 4:08配信

Aviation Wire

 ボーイングが開発中の大型機777Xが現地時間1月25日午前(日本時間26日未明)、初飛行した。当初は23日に初飛行を予定していたが、風速など天候の問題で2度延期された。5時間程度の飛行試験を実施する見込み。

【777Xの客室イメージイラスト】

 777Xは777の後継機で、メーカー標準座席数が2クラス384席の777-8と、426席の777-9の2機種で構成。航続距離は777-8が8730海里(1万6170キロ)、777-9は7285海里(1万3500キロ)を計画している。

 今回初飛行したのは777-9の飛行試験初号機(登録記号N779XW)で、GEアビエーション製の新型エンジン「GE9X」で問題が発覚して再設計が生じたため、2019年内に予定していた初飛行を、今年初頭に延期していた。

 777Xは、ボーイングのエバレット工場に隣接するシアトル近郊のペインフィールド空港を現地時間25日午前10時9分(日本時間26日午前3時9分)ごろ離陸。午前10時50分現在、BOE001便としてワシントン州を東に向けて飛行している。5時間程度飛行後、ボーイング・フィールド(キング郡国際空港)へ着陸するとみられる。

 納入開始は年内を計画しており、日本の製造分担割合は、現行の777と同じ主要構造部位の約21%となる。日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)が、777-300ERの後継機として777-9を20機確定発注しており、2021年度から受領する見通し。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:1/26(日) 4:09
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事