ここから本文です

熊日郡市対抗女子駅伝、きょう号砲 19郡市が熱戦

1/26(日) 8:07配信

熊本日日新聞

 第37回熊日郡市対抗女子駅伝(熊本陸協・熊日主催、県・県教委・熊本市教委・県体協・県高体連・県中体連後援、JA共済協賛)は26日、熊本市中央区びぷれす熊日会館前を発着し、同市東区戸島町で折り返す7区間28キロで19郡市が熱戦を繰り広げる。25日までに15郡市がオーダー変更を届け出て、各チームの出場選手が確定した。

 6連覇を狙う熊本市は1、3、4区の3人を入れ替え、3区には経験豊富な本田絵里香(肥後銀行)を起用。初優勝を狙う山鹿市は2区に都道府県対抗駅伝メンバーの杉山陽菜(山鹿中)を配置するなど1、2、4、7区でオーダーを変更した。

 コースは従来通りで、午前9時半にスタートし、同11時5分ごろに1位がゴールする見込み。

 フィニッシュ前の午前10時50分ごろからレース終了予定の同11時25分ごろまで、ゴール近くのバス停「通町筋」の上り側(鶴屋百貨店前)が閉鎖される。熊日など主催者は前後のバス停「水道町」「熊本市役所前」での乗降を呼び掛けている。(後藤幸樹)

最終更新:1/26(日) 8:07
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事