ここから本文です

【シュートボクシング】海人の対戦相手はブアカーオ推薦のムエタイ世界王者に決定

1/26(日) 11:33配信

イーファイト

 2月15日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2020 act.1』の対戦カードが発表された。

【フォト】強烈なヒジを振るう海人

 出場が発表されていたS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手が決定。WPMF世界スーパーライト級王者ピンペット・バンチャメーク(タイ)と激突する。

 海人は2018年11月のS-cup65kg級 世界トーナメントを全試合KO勝利で優勝し、S-cup世界王者に。昨年4月のチャド・コリンズ戦では判定負けを喫したが、階級を上げ元Krush-70kg級王者・中島弘貴、RISEミドル級王者イ・ソンヒョン、RISEウェルター級王者・”ブラックパンサー”ベイノアを下し3連勝中と勢いをつける。

 海人は65~68kgと広い階級で戦い、ヒジ有り・無しの両ルールにも対応。直近の3連勝は全てヒジ無しで行われており、直近のヒジ有りは敗北を喫したチャド戦。しかしその前はS-cupトーナメント戦を含みヒジ有り5連勝を飾っており、ルール上の不利は無いだろう。

 対するピンペットはWPMF(世界プロムエタイ連盟)世界スーパーライト級王座を保持し、現在はルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位にランク。クラップダム、インディートーンといったムエタイトップクラスとも渡り合うムエタイ強豪である。2018年6月に日本のリングに上がり、梅野源治とムエタイルールで激突。僅差の判定負けを喫したものの、鋭い左の蹴りで梅野を追い込むシーンも見せた。

 ピンペットは今回、2010年のS-cupを制したブアカーオが、今年開催されるS-cup世界トーナメント2020制覇を狙って送り込んで来た刺客。S-cup連覇を目指す海人にとって勝ち方が問われる対戦相手といえるだろう。

<決定対戦カード>
▼68.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
vs
ピンペット・バンチャメーク(タイ/バンチャメークジム/ルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位、WPMF世界スーパーライト級王者)

最終更新:1/26(日) 11:33
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事