ここから本文です

女子マラソン、松田が五輪に前進 大阪国際、設定記録突破し優勝

1/26(日) 15:00配信

共同通信

 東京五輪女子代表の残り1枠を争う大阪国際女子マラソンは26日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、2018年大会覇者の松田瑞生が日本陸連の設定記録(2時間22分22秒)を突破する2時間21分47秒で2度目の優勝を果たし、五輪代表に前進した。日本歴代6位のタイム。松田は昨年9月の五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」で4位だった。

 3枠の五輪代表は既に2人が決定しており、3月8日の名古屋ウィメンズでこの日の松田がマークした2時間21分47秒を上回る選手がいなければ、松田が3人目となる。

 小原怜は13位。福士加代子は25キロすぎで棄権。

最終更新:1/26(日) 17:43
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ