ここから本文です

HIRO 「日本代表として恥ずかしくないものを」…東京五輪聖火引継式で監督

1/26(日) 15:42配信

デイリースポーツ

 EXILE HIRO(50)が26日、千葉・幕張メッセで、監督を務めた「東京2020オリンピック聖火リレー聖火引継式東京2020文化パート」のリハーサルを見守り、会見を行った。

【写真】EXILE「PERFECT YEAR」幕開け 五輪YEAR「日本をさらに元気に」

 五輪発祥の地であるギリシャ・アテネのパナシナイコスタジアムで、3月19日に開催される式典。全編約10分のパフォーマンスの、冒頭3分が報道陣にも公開され、EXILEの所属事務所・LDHが運営するダンススクール「EXPG」の生徒からオーディションで選ばれたキッズ世代の140人(小学生20人、中学生100人、高校生20人)を中心とした216人が参加した。

 パフォーマンスは「不屈の精神」「創造と革新」「未来への希望」をテーマにした3部作。この日は日本神話を盛り込んだ「-精神」の一部が公開され、出演者は白の和装で登場すると、行進中に太陽をイメージした色調の衣装へ早着替え。旗、番傘、布を手に疾走し、ダンスを踊った。

 東京五輪開幕に直結するパフォーマンスで指揮官を務めたHIROは、「光栄ですし、神聖なことであると意識しました。日本代表として恥ずかしくないものを作らせてもらいます。子供たちのパワーを感じることができたので、未来につながると思います」と誇らしげ。共にリハをチェックした森喜朗東京2020組織委員会会長(82)は、「子供たちに『頑張ればHIROさんのEXILEに入れるかもしれないよ』と言うと、うれしそうな顔をしてました」と冗談めかしていた。

最終更新:1/26(日) 15:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ