ここから本文です

大型バイクも軽々と乗りこなす!?アニメキャラが乗っていたバイク5選

1/26(日) 11:01配信

バイクのニュース

非現実的だからこそ際立つ、アニメキャラの乗りこなすバイクの魅力!

 現実では「それは無理じゃ...」と思うようなことでも可能になるのが、アニメや漫画の醍醐味でしょう。近年は、作画や3D技術の進歩もあり、複雑な形をしたバイクが画面の中を走り回ることも増えました。

【画像】アニメキャラが乗っていたバイクの画像を見る(9枚)

 今回はそんなアニメ作品の中でも、ヒロインや女性キャラクターが操るバイクにスポットを当てていきます。

 ●ホンダ CB400SF

 CB400SFは、バイク好きの女子高生をモチーフにしたアニメ「ばくおん!」の主人公、佐倉羽音(さくらはね)の愛車です。

 CB400SFは、普通自動二輪免許を取得する際に多く使われる教習車で、ほとんどの人にとって、初めて乗るバイクとなります。また、教習車のCB400SFは、店舗で購入できる市販車と違って「CB400SF-K」と呼ばれており、初心者が運転しても壊れないよう車体を銀色のパイプでガードしていたり、パワーを落とすなどの仕様が施されています。

 ●カワサキ ZX-12R

 ZX-12Rも、同じく「ばくおん!」に登場したバイクです。主人公の佐倉羽音の先輩である、来夢(らいむ)先輩の愛車です。ZX-12Rは、排気量1200ccの大型バイクです。CB400SFの排気量が400ccですので、実に3倍の排気量を誇ります。免許もCB400SF-Kで必要な普通自動二輪免許ではなく、「大型自動二輪免許」となります。

 製造・販売している川崎重工業は、ヘリコプターや航空機などのメーカーでもあります。ZX-12Rのデザインには、川崎重工業の航空機開発や製造技術が使われており、速度を出すために空気抵抗を減らす技術などが多く盛り込まれています。

 なお、ZX-12Rは2006年に生産を終了しています。

 ●ヤマハ VMAX

 VMAXは、歴史上の英雄たちが戦うアニメ「Fate/Zero」のヒロイン、セイバーが運転するバイクです。VMAXは、第1世代が1985年に、第2世代が2008年に登場しています。第2世代の排気量はなんと1700ccとなっており、国内でもトップクラスです。

 ちなみに、2019年の新車販売台数1位であるトヨタ プリウスは1800cc、2位の日産 ノートは1200cc、3位のトヨタ シエンタは1500ccですので、普通自動車と同等かそれ以上のパワーを誇ります。

 ●ブラフ・シューペリア SS100

1/2ページ

最終更新:1/27(月) 15:01
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ