ここから本文です

孫育てはつらいよ。体力的にも金銭的にもおばあちゃんの負担がキツイ

1/26(日) 12:20配信

ファイナンシャルフィールド

共働き家族が急増している昨今では、忙しい両親をサポートするため、「孫育て」をしている人が増えています。

自分の子どもの手助けをするため、かわいい孫の成長を楽しみにがんばっているものの、体力的に疲れてしまったり、金銭的に負担を感じたりと、モヤモヤを抱えている人もいるかもしれません。

株式会社主婦の友社は、孫がいる50代~70代の女性を対象に、「孫育てに関する意識調査」を実施しました(※)。

共働きの親のサポートで孫の面倒をみることが多い

イマドキのおばあちゃんは、孫の平均人数は2.3人で、孫に「ばぁば」(45.5%)、「名前や愛称」(24%)で呼ばれている、もしくは呼ばれたいようです。「おばあちゃん」と呼ばれるのに抵抗があるのかもしれませんね。

孫の面倒をみるのはどのような時かと聞くと、「自宅に遊びに来た時」(60.3%)、「帰省してきた時」(37.1%)が多い結果になりました。

それ以外に「親が子どもを連れて行ない外出の時」(36.4%)、「親が病気になった時」(34.7%)、「孫が病気で保育施設に預けられない時」(32.2%)、「保育園、幼稚園、学校が終わってから親が帰ってくるまで」(23.1%)、「親が出張などで不在の時」(20.7%)と、おばあちゃんが共働きの親をサポートする重要な役割を担っていることが明らかとなりました。

また、約6割(58%)が、1ヶ月に1回以上の頻度で孫の面倒をみていることがわかりました。中には「ほぼ毎日」(10%)、「1週間に4~5日」(6%)と、孫の世話を高齢な親に任せっきりの人もかなりいるようです。

主にどのような面倒をみているかというと、「一緒に遊ぶ」(66.9%)だけでなく、「食事をつくる、差し入れる」(58.7%)や、「遊びに連れて行ったり、買い物に連れて行く」(46.3%)、「お風呂に入れる」(28.9%)、「保育園・幼稚園の送迎」(22.3%)など、サポート内容は多岐にわたります。

遊ぶにしてもお風呂に入れるにしても体力が必要ですし、食事や買い物など金銭的負担もばかにならないのではないでしょうか。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 12:20
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事