ここから本文です

京都の雪景色巡りは、ほかほかの甘味と一緒に。冬のあったか和スイーツ3種

1/26(日) 11:02配信

食べログマガジン

京のおやつは何にする?

京都のことを知りたい! もっと楽しく巡りたい! そんな京都好きな方にお届けする、心ときめく京都の旅とおやつのお話。

案内人は、京都在住の和菓子ライフデザイナーの小倉 夢桜-Yume-さんです。

雪化粧を愛でる、1月の京都

2020年を迎えて、気持ちも新たに「今年こそ!」と心に誓って過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。街には、迎春や新春などの文字が溢れています。つい春めいた気分になってしまいますが、寒さの本番はこれから。

例年1月下旬から2月になると、比叡山や北山の頂が雪化粧した様子を京都市街地から眺めることができます。

近年は、めっきりと降雪が少なくなりましたが、市街地でも雪化粧となった風景を見ることができるかもしれません。

桜、新緑、紅葉の印象が強い京都ですが、雪化粧になるとまるで水墨画の世界に迷い込んだかのような風景が広がります。

寒い中を観光して冷えた身体は、温かい甘味で癒やしてみてはいかがでしょうか。

ほかほかのおやつで温まろう!「中村軒」

阪急桂駅から徒歩約10分ほどに宮内庁管轄の「桂離宮」があります。日本の美を凝縮したと表現されるほど、美しい庭園です。現在は、予約制で通年一般公開が行われています。普段は人気の為、予約を取ることは難しいですが、冬の時期は比較的容易に予約を取ることができます。

私のオススメは、朝一番です。朝一番は、タイミングが良ければ薄らと雪化粧をした庭園を見ることができるかもしれません。大雪でない限りは、10時頃にはその雪も解けてしまいますので、機会があればぜひ朝一番に訪れてみてください。

その桂離宮からほど近くにお店を構えるのが、1883年創業の「中村軒」です。

昔ながらの風情と味を大切に今日まで守り抜かれてきました。「なつかしい昔の味、あっさりしたおいしさ」を求めて、京都はもとより他府県からも多くの方が訪れる人気店です。


「食べログ スイーツ 百名店 WEST」には、2017年より3年連続で選出されています。

1/3ページ

最終更新:1/26(日) 11:02
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ