ここから本文です

恋人との喧嘩……どこまでが健康的で、どこからがトゥーマッチ?

1/26(日) 22:50配信

VOGUE GIRL

恋人がいる人なら、嫌でもなかなか避けられないのが相手との喧嘩。いつも以上に激しく言い争ってしまったときに、“私たち、こんなに喧嘩するってどうなの? もしかして異常?” と悩んでしまう人も多いのでは?

先週、恋人と2回も揉めてしまったから、ふたりの関係は危険にさらされているとパニックになる前に、大前提を先にお伝えします。パートナーとの口論や意見の食い違いはいたってノーマルなこと。

心理学者のジョセフ・シローナ医師によると、「論争の頻度という点では、何回までは良くて何回を超えると異常、という方程式はありません。すべてのカップルに効果的な、喧嘩の回避策など存在しません 」。つまりカップルの形は千差万別で、喧嘩の頻度だってそれぞれ。だから、たくさん喧嘩をするからといって、一概に、仲が悪いとか、別れの危機に瀕しているとも限らないとのこと。

心理学者で『Should I Stay or Should I Go?』の著者でもあるラマニー・ダーヴァスラ医師は、むしろ時たまの言い争いは良いこと、だと唱える。「喧嘩をするのはお互いを気にかけている証拠。喧嘩が完全になくなってしまうのは、どちらか、あるいはお互い相手を気にも留めなくなってしまったから、という場合もあります」。

では、あなたとパートナーの喧嘩は、健全? 気になる人は次の質問を自分に投げかけてみて。

1. フェアに喧嘩している?

言い争いの回数を数えるよりも、どんな風に喧嘩をしているかを見直してみて。言い争いのなかにもリスペクトはありますか? 相手を一方的に非難するのではなく、「自分はすごく怒っている」あるいは「 自分の気持ちをわかってもらえていない気がする」 と説明をしながら、喧嘩ができていれば問題なし。でも、一方的に相手の容姿や人柄を攻撃して、悪口を並べているようだったらば、ヘルシーな恋人関係だとは言えない。それは意見をぶつけ合う喧嘩ではなく、ただの罵倒になるから。「口論を恐れることはありませんが、その質に注意を払うようにしましょう」 とダーヴァスラ医師。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 15:39
VOGUE GIRL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ