ここから本文です

「偽善的」バイエルンMF、古巣相手にゴールセレブレーション披露で持論

1/26(日) 13:32配信

GOAL

「抑制するのは好きではない」

バイエルン・ミュンヘンのMFレオン・ゴレツカが、ゴールセレブレーションについて持論を展開している。

バイエルンは25日、ブンデスリーガ第19節でシャルケと対戦。5ゴールを挙げる大勝の中で、ゴレツカは古巣相手に1ゴール1アシストの活躍を見せた。後半開始直後に見事なジャンピングボレーを沈めた際には、古巣相手にも気に留めることなく、ゴールセレブレーションを披露している。ゴレツカとしてはセレブレーションをすることで古巣に敬意を欠くとは考えないようだ。

「僕はセレブレーションを抑制することは好きではない。偽善的だからね。ゴールを奪えば、喜ぶべきだ。相手のファンに失礼だなんて思わないよ」

また、今冬の移籍市場にも言及。キングスレイ・コマン、ハビ・マルティネスら多くの選手を負傷で欠く中、ゴレツカはこのように語った。

「(補強について)僕が決める必要はない。キャンプでは、僕らの多くがいろんな選手が加わってもいいと思っていた。だけど、負傷している選手がどれだけ早く戻ってくるかにも依存するね」

最終更新:1/26(日) 14:59
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事