ここから本文です

アンテナショップがブーム!日本全国の食材で「ゼッピン料理」、あなたも作ってみませんか?

1/26(日) 9:45配信

LIMO

ふるさとのアンテナショップがブームです! 

いま、日本全国の県や市町村の「アンテナショップ」が大人気。昔ながらの“物産館”のイメージとはガラリと変わり、おしゃれな空間になって、地元こだわりの食材やお菓子、ワインやビールなど“美味しいもの”が勢揃い。旅行で食べて気に入った野菜、一度食べてみたかった話題のお菓子、手に入りにくいバターなど、ほしかったものが見つかるから、東京にいながら日本全国を旅した気分になれる楽しい場所なんです。

書籍『人気アンテナショップ料理長のとっておき初公開レシピ』の情報を見る

県のアンテナショップは、東京に約35店舗。多くが銀座や有楽町、日本橋にあるので、お買い物コースのひとつにしてはいかがでしょうか。

アンテナショップのレストランは、隠れたランチの名店!

編集部イチオシは、ショップに併設されたレストランです。ショップでは取り扱っていないブランド肉や直送の新鮮な魚など、地元ご自慢の食材を、シェフが工夫したオリジナル料理で食べることができます。

各県ともにランチはリーズナブルなので、まずはお試しに食べてみてもよいですね。

たとえば、三重県「三重テラス」では、日本を代表するブランド和牛・松阪牛を「ローストビーフ丼」に。温かいご飯で霜降りの脂がほんのりと溶け、絶品です。

高知県「TOSA DINING おきゃく」では、生産量日本一の生姜を使った「豚肉のしょうが焼き」が大人気。仕上げに、生姜のしょうゆ漬け“おかずしょうが”をのせるのがポイントで、白いご飯がどんどん進みます。

富山県「富山はま作」の「富山湾刺身定食」は、東京では普通食べられないほど“きときと(新鮮)”の魚を、福井県「ふくい、望洋楼」では、福井県の古民家を移築した重厚な店内で、甘海老をご飯が見えないほどたっぷりと、贅沢に使った「甘えびてんこ盛り丼と越前おろし蕎麦」(限定5食)を味わってみてください。

冬にぜひ作りたい、アツアツ「里いものグラタン」

これら、人気アンテナショップのレストランが紹介するシェフレシピが、書籍になりました。アンテナショップで食材を買ったり、近年ではふるさと納税の返礼品で全国の食材を手に入れる機会も増えました。そんなときにも役立つ1冊です。

その中から、山形県アンテナショップ2階にある「ヤマガタサンダンデロ」土田学シェフに教わった「里いものグラタン」をご紹介しましょう。

「芋煮」で有名な山形県。でも和風に煮るだけじゃないんです。チーズと一緒に、簡単グラタンにすれば、洋風になるんです! ミルキーな味わいは子どもが大好き、ワインとも合うから大人にも喜ばれるメニューです。

シェフは、日本で1軒しか栽培していない特別な「甚五右エ門芋」を使いましたが、普通の里いもでOK! 

里いもをゆでて、チーズソースで煮込んで、仕上げにオーブン(またはオーブントースター)で焼き目をつけるだけ。里いもはゆでて仕込んでおけるので、食べるときにソース作りから始めてもかまいません。

●材料(2~3人分)
里いも…5~6 個
チーズソース
生クリーム(乳脂肪分42%)…200㎖
ゴルゴンゾーラチーズ… 50g
粉チーズ… 10g
塩…少量
* グラナパダーノやパルミジャーノチーズを使うと、よりおいしい! 

●作り方
(1)里いもを洗って泥を落とし、鍋で水からゆでる。竹串がスッと通るまで火が入ったら、手で皮をむく。2~3等分する。
(2)チーズソースの材料を火にかけて溶かし、塩で味をととのえる。
(3)浅めの鍋に(1)の里いもを入れて(2)のソースをかけ、150~160℃のオーブンで20~30 分焼く。

 土田シェフからのアドバイス

●里いもをソースのなかで少しじっくり煮るようにすることで、しみておいしくなりますよ。クリーミーなソースをたっぷりからませて食べてください! 

<書籍概要>
『人気アンテナショップ料理長のとっておき初公開レシピ』
発売日:2019年12月21日
定価:1,400円+税
発行:株式会社世界文化社

<レシピを教えてくれた店(掲載順)>
大分県「坐来大分」
山形県「ヤマガタサンダンデロ」
高知県「TOSA DINING おきゃく」
山梨県「Y-wine わいわい」
広島県「遠音近音」
福井県「ふくい、望洋楼」
三重県「三重テラス」
富山県「富山はま作」
徳島県「ターンテーブル」

世界文化社

最終更新:1/26(日) 9:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ