ここから本文です

寒くない地域で「寒冷地仕様」必要? 全車標準装備の車がある理由とは

1/26(日) 11:30配信

くるまのニュース

寒い地域に適した「寒冷地仕様」とは?

 日本は南北に長く、北は北海道から南は沖縄まで、地域によって気候に差があります。そのため、寒さが厳しいエリアで使われるクルマのために、「寒冷地仕様」というものが用意されています。

これは欲しい!「寒冷地仕様」アイテムを画像でチェック

 寒冷地仕様とはその名のとおり、気温の低い地域で使われることを前提としており、通常仕様のクルマに比べて強化された装備や追加装備が備わっています。

・暖房性能の強化(リアヒーターの追加やシートヒーターの追加など)
・バッテリーの大型化(低温時はバッテリー性能が低下しやすいため)
・オルタネーターの強化(バッテリーの大型化や電装品の使用頻度が増えるため)
・ワイパーモーターの強化(着雪時にワイパーモーターに負荷がかかるため)
・高濃度冷却水の使用(低温時の凍結対策)
・リアフォグランプの追加(吹雪などの悪天候時の視認性向上)

 車種によって強化や追加される装備は異なりますが、基本的には寒冷地での信頼性や利便性を向上させる仕様になっているといえるでしょう。

 そんな寒冷地仕様ですが、一部の車種ではオプションではなく、全車標準装備となっていることがあります。

 OEM車などでは、車両を供給するメーカーの設定に準ずるのが基本ですが、日産と三菱が共同開発した「デイズ」と「ekワゴン/eKクロス」は、差別化が図られています。

 デイズは4WDのみに寒冷地仕様が標準装備されていますが、2WDはオプション設定となります。また、ekワゴン/eKクロスでは全車に標準装備となっています。

 設定の違いについて、三菱は次のように説明します。

「ekワゴン/eKクロスについては、どんな地域にお住まいのお客さまにも安心してお乗りいただけるように、寒冷地仕様を全車標準装備としました。

 デイズとの違いについては、両車はOEM車ではなく、共同開発車ということで、それぞれのメーカーの考えが車両に反映されたという形になりました」

※ ※ ※

 トヨタなどでは「北海道地区メーカー希望小売価格」が設定されている場合がありますが、これは北海道で販売される車両にはあらかじめ寒冷地仕様の装備が含まれているためです。

1/2ページ

最終更新:1/26(日) 14:35
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事