ここから本文です

沖縄の天気予報(1月27日)積乱雲の発達によって警報級の大雨となるおそれも

1/26(日) 17:25配信

沖縄タイムス

 27日の沖縄地方は、前線や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇りや雨の天気となり、雷を伴う所がある見込みです。先島諸島では、はじめ荒れた天気となるでしょう。

 沖縄地方では、27日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。沖縄本島地方と八重山地方、大東島地方では、竜巻等の激しい突風にも十分注意してください。

 先島諸島では26日夜のはじめ頃から27日にかけて、北西または北の風が強く吹く見込みです。強風に注意してください。

 沖縄地方の沿岸の海域では、波がやや高く、与那国島地方では波が高いでしょう。石垣島地方では26日夜のはじめ頃から、宮古島地方では27日未明から、沖縄本島地方では27日明け方から波が高くなる見込みです。なお、27日の先島諸島はうねりを伴う見込みです。沖縄本島地方、先島諸島では27日にかけて高波に注意してください。

<天気変化等の留意点>

 中部では、27日昼前まで発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意してください。また、本島中南部では26日夜は、多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降り、積乱雲の発達の状況によっては、27日にかけて警報級の大雨となるおそれがあります。(1月26日16時50分 沖縄気象台発表)

最終更新:1/26(日) 17:25
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事