ここから本文です

里見の王手か、谷口のタイか―。将棋女流名人戦5番勝負第2局始まる

1/26(日) 9:22配信

スポーツ報知

 将棋の第46期岡田美術館杯女流名人戦5番勝負の第2局(主催=報知新聞社・日本将棋連盟、特別協賛=(株)ユニバーサルエンターテインメント)が26日午前9時、島根県出雲市の「出雲文化伝承館 松籟亭」で始まった。

 女流棋戦歴代単独最多の11連覇を狙う里見香奈女流名人(27)と女流名人初挑戦で初タイトルを目指す谷口由紀女流三段(26)の顔合わせ。19日に神奈川県箱根町の「岡田美術館 開化亭」で行われた第1局は里見が先勝している。

 先手の里見が飛車先の歩を伸ばし、谷口はゴキゲン中飛車に構えた。居飛車対振り飛車の対抗形になりそうだ。持ち時間は各3時間。夕刻に終局する見込み。



 ◆里見 香奈(さとみ・かな)1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。27歳。森けい二九段門下。6歳で将棋を始め、2004年に女流棋士に。08年の倉敷藤花戦で初タイトル。通算獲得タイトル38期は歴代2位。11年から棋士養成機関「奨励会」に在籍して女性初の三段となるが、18年に年齢制限で退会。振り飛車党。日本将棋連盟関西本部所属。異名は「出雲のイナズマ」。

 ◆谷口 由紀(たにぐち・ゆき)旧姓・室谷。1993年3月6日、大阪府大阪狭山市生まれ。26歳。森信雄七段門下。6歳で将棋を始め、2010年に女流棋士に。14年に日本将棋連盟関西本部から東京本部に移籍。16年のマイナビ女子オープンで加藤桃子、同年と18年に倉敷藤花戦で里見香奈に挑戦したが獲得ならず。18年に一般男性と結婚。19年12月に女流三段昇段。振り飛車党。

報知新聞社

最終更新:1/26(日) 11:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事