ここから本文です

初場所の三賞が決定、敢闘賞はV争いの徳勝龍、正代ら

1/26(日) 13:29配信

スポーツ報知

 大相撲初場所の三賞選考委員会(満票22)が千秋楽の26日、東京・両国国技館で開かれた。

【写真】徳勝龍、史上最大の下克上 史上2人目の幕尻V王手「思い切りいける」

 殊勲賞には、正代と徳勝龍の初優勝した力士が受賞することになった。序盤で白鵬、鶴竜の両横綱を下した遠藤も選ばれた。

 敢闘賞は、優勝争いの徳勝龍と正代に加えて、新入幕で既に10勝を挙げている霧馬山が初受賞となった。

 技能賞は突き押しが光ったこれまで11勝の北勝富士、人気小兵力士・炎鵬は千秋楽の輝戦に勝てばの条件で受賞が決まった。

報知新聞社

最終更新:1/26(日) 13:56
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事