ここから本文です

神村のエースMF濱屋が同点弾&決勝アシスト!日本高校選抜候補を逆転勝ちへ導く

1/26(日) 22:42配信

ゲキサカ

[1.26 練習試合 日本高校選抜候補 3-2 流通経済大 時之栖裾野G]

 日本高校選抜候補は4本目に逆転を許し、残り約10分まで1点ビハインド。そこから2点を奪い返して3-2で競り勝った。この逆転劇の立て役者となったのが、MF濱屋悠哉(神村学園高3年)だ。

 4本目22分、濱屋はMF佐藤陽太(京都橘高3年)の絶妙な右FKから同点ヘッド。DFとGKとの間に落ちてきたボールに飛び込み、シュートをゴール右隅に流し込んだ。

「キッカーがめちゃくちゃ良かったので合わせるだけでした」という同点ゴールに加え、濱屋は決勝点もアシストした。2-2の4本目29分、「(4本目だけのスコアは1-2と)負けている状況だったので、前から守備して、何としても獲って、点を決めて勝たないといけないというのがありました」というMFは、敵陣中央でのプレッシングからインターセプト。そのまま左サイドのエンドライン際まで持ち込むと、狙い澄ましたクロスボールをFW田海寧生(丸岡高3年)の頭にピンポイントで合わせて見せた。

 鹿児島王者・神村学園のエースは合宿開始当初、「緊張してあんま力を出せていなかった」というが、3日目となり、徐々に慣れて、周囲の特長も理解。練習試合では前日の専修大戦に続いて2試合連続でゴールを決めている。

「結果が全てだと思うので結果が残せて良かったと思います。(合宿最終日は)自分の長所であるドリブルとかを出して、色々なことを学んでチャレンジしていきたい」と濱屋。19年の九州を代表するアタッカーが、日本高校選抜入りするために結果を残し続ける。

最終更新:1/26(日) 22:42
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ