ここから本文です

家電EC大手のストリームが物流支援(3PL)事業に参入

1/27(月) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

家電EC大手のストリームは1月23日、物流倉庫・受注管理・出荷の包括的な物流支援サービス(3PL:Third Party Logistics)を事業化に向け強化していくと発表した。将来は事業の柱として育成する。

ストリームはこれまでも、家電ECサイト「ECカレント」をはじめ、サイト運営で培った販売から物流までをワンストップで管理するシステムを他のEC事業者に提供してきた。

ストリームの倉庫管理システム(WMS:Warehouse Management System)の特徴は以下の通り。

・荷主から提供された出荷データをもとに、ロジックなど様々な仕様構成が可能
・出荷実績データのインターフェースを自由に変更が可能
・各種上位システムにも簡単な作業でアップロードが可能

顧客企業であるEC事業者が、現在使用している注文管理システム(カートや受注管理ソフト、基幹システム)と、ストリームのWMSとのシステム連携を構築する。また、APIなどを用いて顧客企業ごとの固有のシステムカスタマイズにも柔軟に対応する。

物流業務は、ストリームの現場スタッフが中心となって対応する。経験の浅いスタッフでも迷うことなく作業ができるように、人材教育に力を入れ、ローコストオペレーションでの運営が可能となっているという。

物流センターは埼玉・さいたま市岩槻区にあり、保有面積は約8910平方メートルの規模。

ストリームの2019年1月期連結決算における「インターネット通販事業」の売上高は、前期比2.8%増の197億6900万円。売上高は前期を上回ったものの、広告宣伝費や配送費用などが増えたことで9000万円の営業赤字となった。

3PL事業への本格進出は、新たな収益手段を育成するとともに、前期は送料値上げなどでセグメント利益が赤字となったことから、他社の出荷業務を請け負ってボリュームを増やし、送料単価を減らす狙いがあるとみられる。

最終更新:1/27(月) 9:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ