ここから本文です

【K-1】木村ミノルと海斗が睨み合い「気合十分、モチベーションMAX」(木村)=第3代Sウェルター級T

1/27(月) 0:22配信

イーファイト

獰猛ファイターを迎える神保克哉「イケイケで自分の相手にふさわしい」

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
神保克哉(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)
vs
エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)

 神保は2018年1月には元Krush王者の中島弘貴などを含む強豪に勝ち星を積み重ねて、2019年6月にジョーダン・ピケオーの持つKrushスーパー・ウェルター級王座に挑戦し、惜しくも敗れた。11月のK-1横浜大会では城戸康裕にKO負け。今回トーナメント参戦というビッグチャンスを得た。

 対するローブスは、黒人らしい身体能力の高さと伸びのあるパンチを武器に、過去には”豪州のレジェンド”ジョン・ウェイン・パーに勝利した実績もある。これまで、WKAやISKAなどの権威あるタイトルを獲得してきており、今回は獰猛ファイトでK-1の頂点を狙う。

神保のコメント
「本当は特攻隊長として1試合目が良かったがしょうがない。過酷なトーナメントだと思っていて、自分が負けてる選手もいるのでリベンジもかけて精一杯頑張りたいと思います。汚名返上できるように頑張ります。(対戦相手の印象は)最初は何だこのおっさんはと思ったが、年齢見たら一個下でマジかよと思って、イケイケで自分の相手にふさわしいと思っています」

ロープスのコメント
「K-1、そしてトーナメントへの参戦が決まって、自分が世界でもトップレベルの選手だということを世に広めるいいチャンスが巡ってきたと思っている。対戦相手の神保は特攻精神の持ち主だと聞いているが、それがどの程度のものか試してやる。このトーナメントで優勝して誰もが認める真のチャンピオンになりたい」

<対戦決定カード>

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
海斗(日本/ポゴナ・クラブジム)
vs
木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
神保克哉(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)
vs
エダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
城戸康裕(日本/谷山ジム)
vs
ミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
和島大海(日本/月心会チーム侍)
vs
ニコラス・ラーセン(デンマーク/Team Larsen)

▼K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
藤村大輔(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
小鉄(日本/K-1ジム琉球チーム琉神)

2/2ページ

最終更新:1/27(月) 2:44
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ