ここから本文です

MUCCとNothing’s Carved In Stoneが初のツーマン・ライヴを開催

1/27(月) 14:45配信

CDジャーナル

 2020年、年始より活発にライヴ活動を展開中のMUCCとNothing's Carved In Stoneが、3月12日(木)に東京・恵比寿LIQUIDROOMにてツーマン・ライヴ〈LOVE CALL〉を開催することが発表されています。

 2018年12月27日に東京・日本武道館にて開催されたイベント〈JACK IN THE BOX 2018〉にMUCCの逹瑯(vo)主導のセッションバンドが出演、そこにNothing's Carved In Stoneの生形真一(g)が参加していた経緯もあり、今回はMUCCからの熱い“LOVE CALL”にNothing's Carved In Stoneが呼応してツーマン・ライヴが実現しました。

 MUCCは2019年2月に発売したアルバム『壊れたピアノとリビングデッド』を携え、ツアー&イベントを含め年間75本のライヴを展開。同年12月にはアジア(上海、台北)でも公演を実施。2020年4月には5年ぶりのヨーロッパ・ツアー(4ヵ国、8公演)も予定されています。

 2009年に結成以降精力的に活動し、数々の大型フェスへの出演も多いNothing's Carved In Stoneは、結成10周年の2018年には初の東京・日本武道館公演を成功させるなど、つねに圧巻のライヴパフォーマンスを披露してきました。また、自主レーベル「Silver Sun Records」を立ち上げ、2019年9月には10枚目のアルバム『By Your Side』をリリース、1月に行った〈By Your Side Tour 2019-20〉ワンマンツ・アーも大盛況となりました。

 この2バンドがLIQUIDROOM規模で行うツーマン・ライヴは大変貴重なものとなります。

最終更新:1/27(月) 14:45
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ